ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GTチャンピオン平手晃平がレーサーになったきっかけ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GTチャンピオン平手晃平がレーサーになったきっかけ
J-WAVEで放送中の番組「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。12月11日(日)のオンエアでは、レーシングドライバーの平手晃平選手をゲストにお招きしました。

平手選手は2016年のスーパーGTチャンピオン。現在30歳でレーサー歴20年というベテランで、これを聞いた松嶋は「そういう子役の方っていますよね!」と驚いていました。

タイヤとマシンの組み合わせは無限だと語る平手選手。子供の頃、ゴーカートに乗っていた時からそれを感じていたそうで、エンジニアの方に「タイヤどうだった?」と聞かれると、子供ながらに「ちょっとグニュっとする」と答えていたそう(笑)。ですが、実際にそれが「グニュ」なのか「ブニュ〜」なのか、その細かいニュアンスでも重要とのことで、「わかんない」で終わらず、それをきちんと伝えられると「この子は先(将来)がある」とエンジニア側は感じるそうです。これを聞き西沢は、「そう考えると、モータースポーツすごいね」と感心。平手選手も「かなりシビアな世界ですね」と答えていました。

実は平手選手は元々、3歳の時からモトクロスをやっていたのだとか! ただ、怪我をしたことで家族から反対され一時中断。しかしその後、お父さんが趣味でレーシングカートを始め、それについて行き、自分もやってみたいと思い、始めたそうです。「最初は遊びで始めたんです。親父の熱意がずっと続いたんで、なんとか家族の力を借りて進めましたけど」と当時を振り返っていました。

「スカラシップ(奨学金)などを獲得しないと金銭的にかなりかかるでしょ?」と質問する西沢。学生が個人で続けるのは難しいことから、平手さんは“フォーミュラトヨタ・レーシングスクール”に受からなければ、レーサーの道は諦めようと思っていたそうです。実際、F4などで1年間レースしようと思うと1500万円ほどかかってしまうそうです! 「そもそも乗ろうと思うと速くないといけない。だから勝負の世界は、中学生くらいからシビアなものは始まってる」と解説する西沢に、「既にふるいにかけられているわけですね…」と驚く松嶋でした。

次回18日(日)の「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」には、レーシングドライバー佐藤琢磨選手が登場します。一体どんな話が飛び出すのでしょうか。こちらもどうぞお楽しみに♪

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」
放送日時:毎週日曜 19時—19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。