体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初めての中東旅行はここで決まり!【中東の安全な国】3選

中東と聞くと、とても危険なイメージがありますよね? しかし中東と言ってもさまざま。外務省の安全ホームページを見ても、渡航に関して特に注意情報が出ていないエリアもあります。

初めての中東旅行はここで決まり!【中東の安全な国】3選
そこで今回は外務省の情報をもとに、中東でも安全な旅先として候補に入れられる国を紹介したいと思います。周りの友人が行っていなさそうな場所を旅したいという人は、ぜひともチェックしてみてくださいね。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
ドバイ旅行が最高な5つの理由!治安も抜群
内緒にしたい! あのドバイをお金をかけずに楽しむ方法
【2016年ランキング】エコノミークラスが優秀な航空会社トップ10

1:オマーン国

初めての中東旅行はここで決まり!【中東の安全な国】3選
最初は中東のアラビア半島にあるオマーン。アラビア半島は紅海とペルシャ湾に挟まれた巨大な半島ですね。その半島の南側、アラビア海に面した国がオマーン国になります。「ありえない!日本人がオマーンで驚いたこと16選〜卵の賞味期限が3か月!?〜」ではカルチャーギャップの面白さが語られていました。

人口は442万人で首都はマスカット。主な観光地もこのマスカットに集中しています。例えばカーブース王大モスク 、ロイヤル・オペラハウスなどは特に有名。

さらにはオマーン国の飛び地で、ホルムズ海峡に突き出したハサブという町の美しい海岸線も人気ですよね。氷河が作った急傾斜の奥深い入江をフィヨルドと言いますが、似たような海岸線が広がっています。

外務省からの危険情報もなく、英語も広く通じるオマーン。中東の旅の主要な候補になってくれそうですね。

2:アラブ首長国連邦

初めての中東旅行はここで決まり!【中東の安全な国】3選
次はオマーンのお隣、アラブ首長国連邦ですね。日本ではUAE(United Arab Emirates)という呼び方の方が知られているかもしれません。先のサッカー・ワールドカップ予選の試合で、日本代表が敗れてしまった国。サッカーファンにはなじみ深い国ですよね。

アラブ首長国連邦の観光地と言えば、真っ先にドバイが思い浮かびます。砂漠に作られた未来都市。ブルジュ・ハリファ、ブルジュ・アル・アラブなどの高層ビルが立ち並ぶ景観は、度肝を抜かれますよね。ブルジュとは「塔」などを意味するのだとか。「なぜか見ると元気が出る、思わず二度見のドバイ建築!!」でもドバイの景観の魅力を紹介しました。

同国の首都はアブダビですが、日本人にはドバイの方が知名度は高いかもしれません。他にはアブダビにあるシェイク・ザイード・グランドモスク、エミレーツ・パレスなども人気。治安に関しても外務省から特に警告が出されていません。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい
ありえない!日本人がオマーンで驚いたこと16選〜卵の賞味期限が3か月!?〜
オマーンの秘境に抱かれた秘密にしたいリゾート5選
サッカーや砂漠だけじゃない!知られざるエキゾチックな国「オマーン」の魅力

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会