体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1曲90秒が逆に楽しい!? 『AWA』のハイライト再生で盛り上がれるプレイリストに注目

エンタメ
1曲90秒が逆に楽しい!? 『AWA』のハイライト再生で盛り上がれるプレイリストに注目

11月12日に1000万ダウンロードを突破、『Google Play』が発表した『ベスト オブ 2016』のベストエンターテインメントアプリ部門では『Spotify』を押さえて大賞を受賞したストリーミング音楽サービス『AWA』。11月から月額無料プラン『Freeプラン』で、1曲90秒で再生する『ハイライト再生』の機能を提供し、月に20時間までオンデマンド再生が可能になったことをお伝えしました。

参考記事:
1000万ダウンロードを突破したストリーミング音楽サービス『AWA』はここがスゴい
http://getnews.jp/archives/1561982

『ハイライト再生』は、1つの楽曲から90秒抜き出した部分を、DJがつなぐようにフェードイン・フェードアウトして連続再生できる機能。一見、不自由に思えるこの『ハイライト再生』が、逆に『AWA』というサービスを特徴づけ、ユーザーも「面白い」と思えるフォーマットになっているようです。

90秒ってどれぐらいの長さ?

ハイライト再生で設定されている“90秒”という長さ。音楽を聴くときにどれぐらいの長さをイメージしたらよいのでしょうか。一般にポップミュージックは1曲が2分半~3分半の長さのものが多く、きっちり3分間の楽曲なら、ちょうど半分聴けるということになります。

awa90s2

たとえば東京事変の『能動的三分間』は、ちょうど3分間になるように制作された楽曲。『ハイライト再生』で聴いても、折り返しの間奏部まで聴けるので気持ちよく90秒の再生時間を味わえます。

awa90s3

The Clashの『白い暴動』の曲の長さは1分56秒、ビートルズの『プリーズ・プリーズ・ミー』はちょうど2分。3000万曲以上そろった配信楽曲の中には2分以内の名曲も意外と多く、90秒あればほぼフルに聴けてしまうわけです。

awa90s4

ピコ太郎の『ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)』は45秒。『ハイライト再生』でもフル楽曲が聴けてしまいます。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会