ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

激ウマ節約つまみ! 思い出のニラ玉を再現? 噂の筋肉料理人の「とろとろニラ玉」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:kinniku39:20161201122850j:plain

焼き鳥店の親父さんが作る、ニラ玉が大好きで

こんにちは~筋肉料理人です! 節約ツマミ、第六弾を紹介させてもらいます。

男子校出身の私、学生の頃から焼き鳥店に通っておりまして、そこの親父さんが作るニラ玉が大好きで、卒業してからも同じお店に通い続け……。

そのニラ玉、卵はトロトロで味付けはなし、しょう油をかけて一味唐辛子を振って食べていました。それが美味しくて美味しくて、今でもそのお店のニラ玉が私の好みの味です。そんな思い出のニラ玉の味を再現!? するレシピを紹介させてもらいます。

筋肉料理人の「とろとろニラ玉」

【材料】(2人分)

卵 3個 ニラ 2/3束 塩 ほんの少し マヨネーズ 小さじ2 サラダ油 小さじ2 ごま油 小さじ1 しょう油、一味唐辛子 お好みで

作り方

f:id:kinniku39:20161201122854j:plain

1. ニラは4cmに切ります。根本の太い部分は縦半分に切り、葉の部分とは分けておきます。

f:id:kinniku39:20161201122856j:plain

2. ボウルに卵を割り入れ、マヨネーズを加えて筋を切るように混ぜます。卵液にマヨネーズを混ぜることでふわふわに。卵液を混ぜすぎないのもふっくら焼き上げるためのコツです。

f:id:kinniku39:20161201122901j:plain

3. フライパンにサラダ油とごま油を入れて中火にかけます。ニラの根本を入れて炒め、香りが出たら葉を加えて炒めます。ここで火加減を弱くし、ニラにしっかり熱を入れます。塩をほんの少しふって薄い味をつけましょう。味付けしたら中火にして卵液を回し入れます。卵液が底の方から固まってきたら混ぜます。

f:id:kinniku39:20161201122950j:plain f:id:kinniku39:20161201122906j:plain

4. フライパンの周囲から中心へ、卵液を菜箸で押すように混ぜます。激しく混ぜる必要はなく、1カ所混ぜたら少し間をあけてまた混ぜてを繰り返し、好みの固まり具合より少し柔らかめの状態で皿に盛り付けます。卵は皿に盛り付けてからも予熱でどんどん固くなるからです。

思わずビールをぐいっとやっちゃう!

f:id:kinniku39:20161201122909j:plain

こんな感じで「とろとろニラ玉」の完成! しょう油をかけ、一味唐辛子をふるのが筋肉料理人流! とろっとしたニラ玉を口に入れると、ニラの香ばしさと甘さ、しょう油の香りと卵のうま味が広がります。思わずビールをぐいっとやっちゃう! そんな味です。

うまさを引き出すにはニラをしっかり炒めることと、卵を半熟に仕上げること。半熟の卵としょう油の相性には中毒的な美味しさがあるからです。卵かけごはんを思い浮かべて下さい。しょう油あっての卵かけご飯。これで相性の良さが想像できると思います。

作った人:筋肉料理人 藤吉和男

筋肉料理人 藤吉和男

料理と筋トレをこよなく愛する料理ブロガー。料理研究家としてレシピ本執筆や料理教室、テレビ出演、ボランティア活動を行う。自信のブログやYouTubeでは、簡単で美味しい魚料理や簡単レシピを専門的ながらわかりやすく紹介。レシピブログプラチナブロガー認定。 ブログ:魚料理と簡単レシピ YouTubeチャンネル:筋肉料理人の簡単レシピ、魚料理 レシピブログ:筋肉料理人さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

関連記事リンク(外部サイト)

激ウマ節約つまみ! うま味と栄養たっぷり、噂の筋肉料理人の「もやしのガリマヨ炒め」
激ウマ節約つまみ! 噂の筋肉料理人のやわらかすぎる「鶏むね肉のトースター焼き鳥」
映画『悪人』にも登場した「いか本家」で、呼子名物「ゲソの躍り食い」を体験【佐賀】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。