ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フィフス・ハーモニーがメーガン・トレイナーのサプライズ・カヴァーを披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フィフス・ハーモニーがメーガン・トレイナーのサプライズ・カヴァーを披露

 フィフス・ハーモニーが、現地時間2016年12月9日に行われた【ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード】でメーガン・トレイナーの「Like I’m Gonna Lose You」のサプライズ・カヴァーを披露した。

 本年度の【チャート・トッパー賞】に選出されていたメーガンだが、声帯を休めるようにという医師の診断を受け、授賞式をはじめ、年内残りのツアー全日程をすべてキャンセルしていた。そんなメーガンの代わりに、サプライズでパフォーマンスを行ったフィフス・ハーモニーは、アコースティック・ギターの伴奏のみで、「Like I’m Gonna Lose You」をしっとりを歌い上げた。

 パフォーマンスを終えると、メンバーのダイナ・ジェーンは、「私たち全員のインスピレーションになってくれてありがとう」とメーガンへ感謝の言葉を述べ、「私たちは、あなたのことが大好きよ」と締めくくった。惜しくも授賞式に出演できなかったメーガンは、パネルを使った“無言”の受賞スピーチを行い、ガールズへのお礼を伝えた。

 この模様は、現地時間2016年12月12日に、米ライフタイム・チャンネルで放映される。

◎パフォーマンス・クリップ
https://goo.gl/ip1A1e

関連記事リンク(外部サイト)

米音楽業界で活躍する女性を表彰する【ビルボード・ウーマン・イン・ミュージック・アワード】が開催、ヘイリー・スタインフェルドが司会に抜擢
「私は弱者のため、そして差別と戦うためにこの世に生まれてきた」― マドンナ 【ビルボード・ウーマン・オブ・ザ・イヤー】インタビュー
フィフス・ハーモニー、『ポップスプリング2017』への出演が初来日公演に、カミラは“2016年最も影響力のあるティーン30人”に選出

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。