ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

セガのゲーム『獣王記』とゲーム『ベア・ナックル』が映画・TV化決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
altered-beast

ストーリーズ・インターナショナルが、セガのビデオゲーム『獣王記』とビデオゲーム『ベア・ナックル』の映画版とテレビ版をプロデュースするために、サークル・オブ・コンフュージョンと提携した。

ストーリーズ・インターナショナル社長兼CEOの鈴木智也が、サークル・オブ・コンフュージョンのローレンス・マティスとジュリアン・ローゼンバーグと共にプロデュースを手掛ける予定だ。ストーリーズ・インターナショナルの開発・製作部門トップのエヴァン・チョルフィンが、エグゼクティヴ・プロデューサーを務める。ストーリーズ・インターナショナルは、セガ・グループと博報堂DYグループによるジョイント・ベンチャーだ。

製作マネジメント会社のサークル・オブ・コンフュージョンは、テレビシリーズ『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』、トーク番組『The Talking Dead(原題)』、テレビシリーズ『Powers(原題)』、テレビシリーズ『Dirk Gently(原題)』のプロデュースを手掛けている。最近では、映画『Spare Parts(原題)』、映画『エージェント・ウルトラ』、サム・ロックウェルとアナ・ケンドリック出演の映画『Mr. Right(原題)』を手掛けた。

サークル・オブ・コンフュージョンのパートナーのデビッド・エンゲルは、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』のエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた。

ストーリーズ・インターナショナルは、セガによるゲーム『忍 -SHINOBI-』(マーク・プラットと共同)、ゲーム『ゴールデンアックス』、ゲーム『バーチャファイター』、ゲーム『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド』、ゲーム『クレイジータクシー』のゲームシリーズをもとに、映画版とテレビ版のプロジェクトをプロデュースしている。12月5日(現地時間)の発表によると、これらの作品を全世界向けの英語による長編映画とテレビシリーズとして共同開発するために、大手スタジオやプロデューサー、フィルムメーカーと提携していく段階を踏んでいるとのことだ。

マティスは、「これらはセガの最も愛されてるゲームであり、ストーリーズ・インターナショナルと共に大作映画やテレビシリーズを手掛けていくことに興奮しています」と、語った。

鈴木、ストーリーズ、サークル・オブ・コンフュージョンは、CAA(クリエイティブ・アーティスツ・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。