ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード HOT BUZZ SONGS】 4週連続、1位星野源「恋」&2位ピコ太郎「PPAP」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード HOT BUZZ SONGS】 4週連続、1位星野源「恋」&2位ピコ太郎「PPAP」

Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。今週の結果は、4週連続1位を星野源「恋」&2位をピコ太郎「ペンパイナッポーアッポーペン」が獲得という結果となった。さらに、ピコ太郎と星野源は10月24日以降、首位争いを繰り広げており、8週連続で 2曲がワンツーを独占中。いかに、世の中に浸透しているかが分かる結果だ。

ただ、ピコ太郎の「PPAP」のBUZZポイントは落ち着きを見せ始めている一方、星野源「恋」はダウンロード、Twitterのポイントが上昇し、BUZZ ポイントも上昇。2位のピコ太郎に、およそ3倍ものポイント差をつけ、大きくポイント差を引き離した。ドラマの視聴率上昇とともに、本作もまだまだ勢いが衰えることはなさそうだ。

そして、3位に急浮上したのが欅坂46「二人セゾン」。『MUSIC STATION』などの露出が続きTwitterで2位。さらに、動画再生数7位、ダウンロードも3位と全ての指標においてまんべんなくポイントを獲得し、3位に浮上した。

さらに、もう一曲 今週浮上したのがE-girls「Go! Go! Let’s Go」。Twitter7位を筆頭に、ダウンロード初登場13位、動画再生24位とポイントを積み上げ、【HOT BUZZ】7位を獲得した。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2016年12月12日付)
1位「恋」星野源
2位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
3位「二人セゾン」欅坂46
4位「前前前世」RADWIMPS
5位「ハッピーエンド」back number
6位「君への手紙」桑田佳祐
7位「Go! Go! Let’s Go!」E-girls
8位「なんでもないや」RADWIMPS
9位「SUN」星野源
10位「Welcome to TOKYO」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

関連記事リンク(外部サイト)

【Chart insight of insight】新曲も旧曲もチャートイン!back numberが年末に向けて盛り上がる理由は?
【ビルボード年間シングルセールス】女性アイドル強し、AKB48が上位4位を占めるほか乃木坂46もトップ10内に3曲チャートイン
【ビルボード年間アルバムセールス】嵐が2年連続アルバムセールスで首位を獲得 宇多田、RADなど今年話題を集めた作品が上位にランクイン

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。