ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

遠い夏の記憶が蘇る…アレッシア・カーラをはじめ質の高いナンバー目白押しの『モアナ』サントラ(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
遠い夏の記憶が蘇る…アレッシア・カーラをはじめ質の高いナンバー目白押しの『モアナ』サントラ(Album Review)

 日本でも空前の大ヒットを記録した『アナと雪の女王』に続く、ディズニー・プリンセス映画『モアナと伝説の海』が全米で2016年11月23日に公開され、初日の興行収入は1568万ドル、2週目もV2を達成し、早くも1億ドルを突破する大ヒットを記録している。

 南国を舞台に、ポリネシア系の少女・モアナが大冒険に挑むというストーリーの『モアナと伝説の海』。歌と踊りに溢れたシーンも満載で、同サントラ盤には、物語の世界観をそのまま音にしたような、ワールド・ミュージックが収録されている。

 プロデュースは、『ターザン』(1999年)や『プレーンズ』(2013年)などのディズニー作品他、多数の映画音楽を手掛けている、マーク・マンシーナが担当。そして、今年ミュージカル『ハミルトン』で【トニー賞】<主演男優賞>を受賞した、俳優のリン・マニュエル・ミランダと、ニュージーランド出身の、ポリネシアン・ミュージック・グループ、テ・ヴァカがクレジットされている。

 マーク・マンシーナが手掛ける、トロピカル・ミュージックのインスト曲はもちろん、本作は“歌モノ”も聴きどころ満載で、リン・マニュエル・ミランダが歌う「ウィ・ノウ・ザ・ウェイ」や、ラッパーのイル・マインドが参加した、現代風の「ユア・ウェルカム」、そして今年、「ヒアー」で大ブレイクを果たしたポップ・シンガー、アレッシア・カーラが歌う「ハウ・ファー・アイル・ゴー」など、素晴らしいタイトルが揃っている。

 壮大な自然を描いた「ハウ・ファー・アイル・ゴー」は、映画のシーンがオープニングに起用されたミュージック・ビデオも公開されていて、『モアナ』の舞台となった、南太平洋をイメージした南国の島で、アレッシアが裸足で歩きながら力強く歌う姿が、まさに主人公のモアナそのもの。視聴者からも絶賛の声が寄せられている。

 映画のシーンと合わせて聴くと、本来の曲の良さが際立つということはもちろんだが、ひとつのワールド・ミュ―ジックの作品として聴いても、質の高いアルバムと評価できる、『モアナ』のサウンドトラック盤。時季は真逆ではあるが、遠い夏の記憶が蘇るような、そんなタイトルが目白押しだ。

 『モアナと伝説の海』は2017年3月10日より全国ロードショー。

Text:本家一成

◎リリース情報
『モアナと伝説の海』
サウンドトラック
https://goo.gl/Qz81wI

◎作品情報
『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)より、全国ロードショー
監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』特報解禁
Song Review: 2016年ブレイク必至!<デフ・ジャム>お墨付きの新星アレッシア・カラの全米TOP10ヒット「ヒア」
【米ビルボード年間ソング・チャート】ジャスティン・ビーバーが1&2位を制す、計5曲がエントリーし“今年の顔”に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。