ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【深ヨミ】欅坂46、2016年は右肩上がり!SG初週売上げまとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【深ヨミ】欅坂46、2016年は右肩上がり!SG初週売上げまとめ

 12月12日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”では、欅坂46の3rdシングル『二人セゾン』が50.8万枚という断トツの数字で首位。これでデビューシングルから3作連続で同チャート初登場1位を記録した。

 『二人セゾン』でセンターを務めているのは平手友梨奈。これでデビューシングルから3作連続のセンターとなり、もはや”欅坂46の顔”と言っても過言ではないだろう。そして表題曲MVは、11月16日にYouTubeで公開されてその再生回数は約487万回(12月10日現在)。欅坂46のMVは毎回注目を集めており、今回は平手のソロダンスが話題にもなり約1か月で500万回目前の数字に。彼女たちのコアファン以外もこのMVを楽しんでいると考えられる。

 2015年に活動をスタートした欅坂46。2016年に入ってからデビューシングル『サイレントマジョリティー』をリリースし、その後も2枚のシングルを発表した。今回は、SoundScan Japanのセールスデータからその3作品の初週売上げを抽出。まとめると下記のようになる。
2016/04/06 リリース
『サイレントマジョリティー』28.4万枚
2016/08/10 リリース
『世界には愛しかない』37.5万枚
2016/12/05 リリース
『二人セゾン』50.8万枚
 作品をリリースするごとに大幅なセールス増を記録。2016年で着実に知名度と人気を獲得し続けていることが分かる。欅坂46は、12月24日と25日に、初のワンマンライブを有明コロシアムで実施し、年末には【COUNTDOWN JAPAN】や紅白への出演も決定している。2017年に向けて加速しており、来年も注目グループになることは間違いなさそうだ。
※表示枚数は概数となります。

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46&欅坂46『週刊ザテレビジョン』お正月超特大号コラボ動画公開
【ビルボード】欅坂46「二人セゾン」508,479枚セールスでJAPAN HOT100総合首位 星野源がピコ太郎の週間動画再生回数を抜き同指標1位
【ビルボード】欅坂46が50万枚を超える売上枚数でシングル・セールス1位に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。