体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【脱☆ペパドラ女子】レンタカーで出張型ペーパードライバー講習を受けてみた【今さら聞けないセルフ給油編】

▲すべての「ペパドラ女子」に捧ぐ、脱☆ペパドラ挑戦記、第3話!(左:助手席ライター兼ペパドラ女子・松尾、右:ペーパードライバースクール講師・高橋さん)いよいよ、ラストミッション「セルフ給油」へ

▲すべての「ペパドラ女子」に捧ぐ、脱☆ペパドラ挑戦記、第3話!(左:助手席ライター兼ペパドラ女子・松尾、右:ペーパードライバースクール講師・高橋さん)いよいよ、ラストミッション「セルフ給油」へ

これまでのあらすじ……

助手席担当のイマドキ女子たちに向けた情報や、ドライブ中の話のネタになるちょっとした車ネタをお届けしている自称・助手席ライター 松尾ゆかです!

前回までの記事(記事下部、関連リンク記載)では、ペパドラ女子の私が講習を受けるまでの経緯や、講習当日の流れ、ウォーミングアップから技術指導「縦列駐車」「首都高」編をお送りしましたが、いよいよラストミッション!「セルフ給油」編です。どうか最後まで温かい目でご覧くださいませ。

もう焦らない! セルフ給油

いつの間にか増えましたよね、セルフのガソリンスタンド。実は私、この「セルフ給油」が大の苦手。というより、1人でやったことがないのです(笑)。

正しく乗り入れられるかな? 慣れてないし、他のお客さんから「早くしろよ~」なんて言われたらどうしよう……。そもそも教習所では教えてくれなかった割に常識的な位置づけにされてるし、「今さら聞けない」感があるよなぁ……。

そんなモヤモヤから、田舎ドライバー時代は基本セルフではないガソリンスタンドを選んでいました。でも、ここは大都会TOKYO……。選んでいては、快適なドライブはできませんし、私は主婦! 価格的にもお得なセルフ給油をマスターしたい! ということで指導希望を出したというワケです。

正直、こんなオーダー、笑われちゃうかなと思っていたのですが、意外にも同様の要望は多くあるのだそう。同じ悩みを抱えるペパドラ女子は少なくないのですね。ホッ。

ちなみに、講師の高橋さんは練習しやすい広めのスタンドを把握していて、誘導してくれました。何から何までありがたいです(泣)。

松尾(以下、松)「せ、先生! とりあえずどの位置に止めたらいいですか!?」

高橋さん(以下、高)「そうですね。給油口が左側にあるので、あのレーンに止めましょうか」

松「あっ、そうか。車に詳しい方は給油口の位置も把握できてて羨ましいです……(しみじみ)」

高「いえいえ、給油口の位置はどなたでもすぐに分かりますよ。燃料計を見てください」

松「え、燃料計?」

高「そのガソリンマークの横にある三角を見てください。このマークがある側に給油口がついています。もちろん全メーカー・全車種で統一されているわけではありませんが、ほとんどの場合、燃料計付近にこういった表示があるので、初めて乗る車でも焦らず運転しながらチェックできますよ」

松「へぇ~! 初めて知りました!」

これ、皆さんはご存じでしたか? ペパドラ女子にとっては、ちょっとしたトリビアでした。これさえ知っていれば、レンタカーでも友達の車でも不安なし!

▲意外と知らない!? 給油口の位置がすぐに分かるトリビア(?)です。三角マークとはこれのこと

▲意外と知らない!? 給油口の位置がすぐに分かるトリビア(?)です。三角マークとはこれのこと

……ということで本題。実際に教わったセルフ給油の手順をご紹介します。ご存じの方からすれば、「そんなところまで?(笑)」と言われるかもしれませんが……「今さら聞けない」と思い悩むペパドラ女子向けです。

▲無事に乗り入れ。ほとんどの場合、難しい駐車スキルは必要ありませんので、恐れずに!(笑)

▲無事に乗り入れ。ほとんどの場合、難しい駐車スキルは必要ありませんので、恐れずに!(笑)

1:エンジンは完全に停止

2:降車前に、運転席まわりのレバー・スイッチで給油口を開ける

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。