体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店3軒を食べ比べてみた。

豪快なボリュームがインパクトを放つ、ニューヨーク名物のステーキ。日本の霜降り肉とは一味違う、柔からく旨味たっぷりな赤身肉は夢心地のおいしさ! 今回は、ニューヨーク老舗ステーキハウス3つを食べ比べた筆者による本音ルポ。

Peter Luger Steakhouse

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店を食べ比べてみた。
ブルックリンにある老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー」。マンハッタンから電車で一駅目なので気軽に訪れられます。テーブルや床、壁が木目調でカジュアルな店内。テーブルクロスがないので気軽にステーキを楽しめる雰囲気です。

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店を食べ比べてみた。
ピータールーガー名物でもある、USDA Prime Beefのポーターハウス(Steak for two)。骨を境にフィレとサーロインを同時に楽しめます。表面はカリカリと香ばしく、お肉は柔らかくふっくらジューシー! 日本の霜降りのような脂っこさはなく、お肉本来の旨味が堪能できました。

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店を食べ比べてみた。
日本人にとっては少々重たそうなイメージですが、アメリカではステーキの前菜としてベーコンを食べるのが人気。本場ならではの肉厚なベーコンも是非いただきたいところ。スモークの香りが絶妙!

評価
ステーキ★★★★
スタッフ★★★★★

ミディアムレアのステーキは、焼き加減が絶妙で、熟成感もパーフェクト。お肉の旨味と甘味が最高に楽しめました。スタッフもフレンドリーで観光客相手でも手を抜くことなく、丁寧な接客でした。

(次のページに続く)

■あわせて読みたい

【NYの予約がとれない店】老舗ステーキ、ピーター・ルーガーに行ってみた
幸せすぎる!味もコスパも最高の「いきなり!ステーキ」に行ってみた
【目黒】肉好きは夢心地!レスラーの聖地、ステーキハウス「リベラ」

Wolfgang’s Steakhouse

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店を食べ比べてみた。
日本にも進出しており、アメリカ国内にも幅広く展開する「ウルフギャング」。こちらはタイムズスクエア店。

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店を食べ比べてみた。
天井が高く、開放感ある明るい店内。中庭も見えます。場所柄なのか観光客とみられるお客さんが多い印象。

【本音ルポ】ニューヨーク人気老舗ステーキ店を食べ比べてみた。
ポーターハウス(Steak for two)。熟成したUSDA Prime Beefをお皿のままオーブンで焼き上げるステーキは、驚くべき香ばしさ! バターの風味もお肉の旨味を一層引き立てています。しっとりと柔らかい赤身肉のおいしさを堪能。

評価
ステーキ★★★
スタッフ★★★

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。