ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

「躍動感が違う!」夏休みの宿題を手伝ってくれた「超有名漫画家」のいとことは!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回お話を伺ったのは、お笑いコンビ「オキシジェン」の田中さん。2016年の漫才新人大賞を受賞し、来年の活躍が期待される田中さんは、ある「有名漫画家」の親族であるそうだ。日本人なら誰でも知っている「あの漫画」の作者の、知られざるエピソードとは!?

SONY DSC

いとこが「青山剛昌」

田中さんのいとこは、なんと「名探偵コナン」の作者である青山剛昌さんなのだそう。父親同士が兄弟であり、年は結構離れていて、田中さんよりも15歳くらい上。物心ついた時は、青山さんはまだ高校生か大学生であり、田中さんにとっては「親戚のお兄さん」という感じだったそう。

青山剛昌作のお面!

田中さんの家は厳しかったのか、例えば幼い頃、お祭りに行ったとしても、仮面ライダーや戦隊もののお面を買って貰えなかった。そういう時に、青山さんは田中さんの為に、ダンボール切って、その裏に仮面ライダーの絵を描いてくれたらしく、田中さんはずっとそれを被って遊んでいたのだとか。「今でも持っておけば、価値が出てたかも知れませんね(笑)」と田中さん。青山さんが漫画家になる前のエピソードだが、その当時からすでに絵は上手だったそうだ。

「タッチが小学生のレベルじゃない」

田中さんが小学生で、青山さんが大学生だった頃。当然のように夏休みの宿題が間に合わず、田中さんは最後の宿題としてイルカショーの絵を描いていたのだが、それを青山さんに手伝ってもらったところ、その絵が学校で賞を取ってしまった。「タッチが小学生のレベルじゃない」と圧倒的な評価を集めたのだとか。

0325

最終的にはバレなかったものの、おそらくは担任の先生にはバレていたと語る田中さん。その先生は「躍動感が違う」と、絵を眺めながらこぼしていたそうだ。「夏休みの絵の宿題を、青山剛昌に描いてもらった」という、いとこしか体験することの出来ない貴重なエピソードだ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
オモプラッタの記事一覧をみる ▶
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。