ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

運命が変わった人々の心の奥深くを描いたヴィム・ヴェンダース最新作

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
12112

『パリ、テキサス』や『ベルリン・天使の詩』などで知られる巨匠・ヴィム・ヴェンダース監督がメガホンを取った映画『誰のせいでもない』が公開中。

とある冬の夕暮れ。作家のトマスが田舎道を車で運転していると、突然、丘からソリが滑り落ちてきた。慌ててブレーキを止めると、車の前には虚ろに座り込んでいる幼い少年が。幸いにもケガはなく、ほっとしたトマスは少年を家まで送り届けるのだが、少年の母・ケイトはなぜか半狂乱になってしまう。やがてこの事故をきっかけに、当事者であるトマスをはじめとする男女の人生が変わっていく――。

誰が悪いわけでもない悲劇的な事故がきっかけで、運命が変わっていく人々を描いた本作。人間の心の奥にある感情を描く人間ドラマでありながら、3D映画として撮影されている挑戦的な一本でもある。主人公・トマスをジェームズ・フランコ、トマスの恋人・サラをシャルロット・ゲンズブールが演じる。

誰のせいでもない
監督:ヴィム・ヴェンダース
出演:ジェームズ・フランコ、シャルロット・ゲンズブール、レイチェル・マクアダムス、マリ=ジョゼ・クローズ
(2015年/ドイツ・カナダ・フランス・スウェーデン・ノルウェー)
公開中
©2015 NEUE ROAD MOVIES MONTAUK PRODUCTIONS CANADA BAC FILMS PRODUCTION GÖTA FILM MER FILM ALL RIGHTS RESERVED.
http://www.transformer.co.jp/m/darenai/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。