ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

お肌の老化を引き起こす! 怖すぎる「糖化」とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お肌の老化を引き起こす! 怖すぎる「糖化」とは?

スキンケアを頑張っているのに、肌色が冴えずくすみがち。保湿をしているのにハリツヤが無い。こんな状態だと、若くても老けて見られてしまいますよね。
肌の外からのケアも大切ですが、お肌を作っているのは毎日の食事や睡眠。食事から気をつけないとお肌の老化が進んでしまう怖い糖化現象について調べて見ました。

体がコゲる!? 糖化ってどういうこと?

糖、脂質、タンパク質は私たちの体を作る三大栄養素。当然、糖は邪魔なものではなく、なくてはならない成分です。しかし、糖を摂りすぎると余分になった糖は行き場を失くしタンパク質とくっついてしまいます。その結果「最終糖化生成物(AGE’s)」という物質に変化するのです。この現象はよく食パンで例えられるのですが、焼く前のパンは白くてフワフワしていますよね。
しかし焼くことで食パンの糖とタンパク質が結合し、表面は硬くなり色は茶色く変色します。実はこれが糖化現象。メイラード反応ともいわれ、醤油の黒い色も糖化によるもの。同じことが肌や体内でも起こっているのです。

糖化で美肌が失われ、老化が進行する

体内で糖化反応が起こると、糖化されたタンパク質であるAGEsが作られます。AGEsは毒性を持った老廃物で、どんどん体の中に溜め込まれてしまいます。
ガンをはじめ、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞、アルツハイマーの原因ともされる糖化現象ですが、お肌で糖化が起こった場合、ハリやみずみずしさに必要不可欠なコラーゲンに糖がくっついてしまうんです。
糖化したコラーゲンは硬く茶色に変色し、本来の役割を果たすことができなくなってしまうのです。
すると、お肌のハリツヤや透明感は失われ、発生したAGEsを異物とみなした体はAGEsと一緒に糖化していないコラーゲンやエラスチンまで排除しようとします。その結果、お肌は老化の一途をたどることになるのです。

身に覚えがありすぎる! 糖化の原因

糖と言っても甘いものだけではありません。ご飯やパンなどの炭水化物も糖質です。糖質を摂ると、血液の中の糖分である血糖値が上がります。
体のエネルギーとして糖が使われていくと血糖値は下がってきますが、高血糖でいる時間が長ければ長いほど、AGEsはたくさん作られてしまうのです。お腹が空いているところにたっぷりのスイーツやスナックを平らげると、血糖値は急上昇し高血糖の時間は長く続きます。
お腹が空いている時ほど、先に食べるべきは野菜や味噌汁、スープ、豆乳などの低糖質の食材です。また、糖質だけではなく、揚げ物など高温で調理したり焦げた食品自体にもAGEsは含まれています。

食べる順番と量に気をつければ、そこまで神経質にならなくても糖化は防げます。食後はゆっくりしていたいものですが、片付けついでに少し動くだけでも食後の血糖値の上昇を緩やかにすることができますよ。焦げた肌や体にならないために、少しのことから気をつけていきましょう。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。