ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

自律神経の乱れって…体の中で何が起こっているの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

自律神経の乱れって…体の中で何が起こっているの?

「神経」という言葉を含む慣用句は、いろいろなところで使われていますよね。「神経をすり減らす」とか「神経が太い」など、人の性質に関して表現することが多いようです。
でもこの神経という言葉、よく使うわりには、そもそも神経とは何であるのか、知らないこともあるのではないでしょうか。体の不調があらわれたときによく言う「自律神経の乱れ」、自律神経が乱れるとはどういうことなのでしょう。

自律神経の働きは生命維持のコントロール

神経とは簡単に言えば、身体中に情報を伝えるための組織のことです。大きく中枢神経と末梢神経に分けられます。情報をまとめ司令塔のような働きをする「中枢神経」は脳と脊髄にあり、情報をすみずみまで伝えるための「末梢神経」は身体中に分散しています。

末梢神経はさらに「運動神経」と「自律神経」の二つに分かれます。運動神経は体を動かすための神経です。そして自律神経の役割は内臓の働きを調節すること、つまり心臓や胃腸などの働き、呼吸、体温などをコントロールしています。自律神経は私たちの意思とは関係なく、体の必要に応じて絶えず作用しています。自律神経が乱れるとはつまり、これら生命維持のための調節が狂うことを意味しています。

交感神経と副交感神経

自律神経には二つの相対する「交感神経」と「副交感神経」があります。交感神経は体を活動的に興奮状態にするために、脈拍を早め血圧を上げたりします。他方、副交感神経は体をリラックス状態にするため、脈拍を遅くし血圧を下げたりします。
交感神経と副交感神経は交互に働き、交感神経は主に日中、副交感神経は夜に作用します。ところが自律神経に狂いが生じると、昼間に副交感神経が作用して眠くなってしまったり、夜に交感神経が強くなりすぎ興奮して眠れなくなったりします。これが自律神経の乱れです。

自律神経が乱れると様々な病気を招きやすくなります。神経性胃炎や過敏性腸症候群、自律神経失調症、うつなどの病気が起こりやすくなるのです。

自律神経が乱れないように生活するには?

自律神経が乱れる主な原因は、ストレスと生活の乱れです。ストレスは万病の元と言いますね。人間関係に起因する精神的ストレスや過労などによる肉体的ストレス、また光や温度など外的要因が原因となり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、不調を招きます。
それから生活の乱れとは、食事や睡眠をきちんと取らなかったり、取る時間が毎日バラバラであったりすることです。体内時計が狂うと自律神経も乱れてしまいます。

社会生活においてストレスから完全に逃れるのは難しいことですが、軽減することは可能でしょう。ストレスを溜めない工夫をし、またストレスをストレスと思わないよう楽観的にとらえることです。
十分な休養をとり、たまには好きなことをしてリラックスすることも大切です。そして毎日できるだけ決まった時間に食事や睡眠を行い、十分な睡眠を取るようにしましょう。体のリズムを整えることが、正常な自律神経の働きにつながります。

writer:Akina

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。