ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

薄いのに頑丈! 防弾ベストと同じ素材を使用したPITAKA製iPhone 7 Plus用保護ケースを試す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

防弾ベストにも使用されている “アラミド繊維” で作られた、薄いながらもけっこう頑丈な PITAKA ブランドの iPhone 7 Plus 用保護ケースを入手したのでレビューをお届けします。PITAKA は木製ケースを販売するなど、特に iPhone のケースでは高い評価を得ており、その PITAKA からアラミド繊維を使った極薄ケースが新たに発売。メーカーからサンプル品の提供を受けたので早速使ってみました。Amazon でこのケースは「PITAKA iPhone 7 Plus ケース 防弾チョッキ素材 極薄 iPhone 7 Plus ケース 携帯カバー アラミド繊維製」として販売されています。価格は 5,799 円とケースとしてかなり高級な部類になりますが、かなり薄くても頑丈という特殊な製品であり、しかも、硬度 9H のガラスパネルも同梱するので、まあ、納得できる価格です。アラミド繊維を使用したケースはカーボン調のデザインが特徴です。今回は「ブラック x ローズオールド」のカラバリを選択しましたが、ほかに、2 種類の「ブラック x グレー」が用意されています。iPhone 7 用もありますよ。PITAKA の製品は丁寧にパッケージングしている点が特徴で、非常に安心感があります。同梱品はケース本体、2 つのゴムパッキン、ガラスフィルムです。ゴムパッキンは後述しますが、カメラレンズの接触を防止するためのものです。スペアも同梱しています。ケースの厚さは 0.7mm と非常に薄く、また、質量も 12g とかなり軽量です。実際に持ってみるとまるで同社の木製ケースのような薄さ・軽さでした。手触りも木製ケースに近い印象です。実際にケースを iPhone 7 Plus に装着してみました。薄型ケースなので装着しても iPhone が大きくなるようなことはなく、ハードケース並みの硬さなので、端末によくフィッテしていました。アラミド繊維を使用すると何が嬉しいのでしょうか。防弾ベストのように弾丸を受け止めるとは思いませんが、テストした中だと摩擦に強いことが分かりました。せっかく試供品をもらったので敢えて鍵や小銭、ハサミで腰ってみたところ、鍵や小銭ではいくら擦っても先端が表面を滑るように動くのでケースに傷が付くことはありませんでした。つまり、ポケットやカバンの中で別の物と擦れても傷が付くことはないと予想されます。しかし、ハサミの場合はそういうわけにはいきませんでした。先端の尖ったハサミでガシガシと擦ってみると表面が若干削れます。それでも、不思議と表面にハサミで出来た傷の線が現れることがなく、カーボン調の外観はほぼテスト前の状態を維持していました。これがアラミド繊維の効果なのでしょう。もちろん、ガラスパネルと干渉することはありませんでした。冒頭で紹介したゴムパッキンは次の写真のように iPhone 7 Plus のカメラの出っ張りによってレンズが地面と擦れることを防止します。ケースの隙間にゴムパッキンを当てがいながら取り付けるので、少し手間がかかります。Source : Amazon.co.jp

■関連記事
Xiaomi、Android 7.0にバージョンアップした「MIUI 8」のベータROMをリリース
Google、今年は従業員向けクリスマスプレゼントを慈善団体に寄付
Huawei、Honor 8のAndroid 7.0 Nougatファームウェアに新種のナックルジェスチャーを追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。