ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大阪の超人気店「美津の」師弟が生み出した新ヘルシー野菜お好み焼き!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_0077
大阪を代表するグルメといえば、昔も今も「粉もん」。その粉もんの激戦区、大阪・道頓堀で行列が絶えない人気のお好み焼き店「美津の」店主と、その弟子によるイベント「粉もん道場」が開かれると聞き、さっそく足を運んだ。主催は、日本コナモン協会。
2回目となるこのイベントのテーマは、ズバリ「お好み焼き」。美津のの女将・森川さんから弟子の「ArAkA」(あらか)店主の安原さんに対し、「野菜たっぷりのヘルシーなお好み焼き」というお題が出された。まさに道場破り、アイデアを練りに練って作り上げたお好み焼き。さっそく試食した師匠に「野菜の甘み、旨みをもっと活かすように」とダメ出しをされ、さらに改良を加えたという。そして、ついに完成した「だしバター舞茸の野菜たっぷり満月焼」が今回、お披露目された。
満月焼は、目玉焼きがお好み焼きに乗っている美津のの定番人気メニュー。これをベースに、豚やイカといったお好み焼きに定番の具材でなく、キャベツに加えてさつまいも、エリンギ、大葉、パプリカなど野菜をふんだんに使っている。しかも、ソースの代わりに、昆布つゆと昆布ぽん酢なのも特徴だ。
森川さんと日本コナモン協会の熊谷会長に見守られながら、参加者を前に実演する安原さんはやや緊張気味。「具材と生地、卵は混ぜすぎない、ざっくり混ぜるほうがおいしく仕上がる」「ひっくり返してできあがるまでの待ち時間は我慢のしどころ」「仕上げの舞茸に、冷蔵庫に残っている野菜を加えてもいい」などのアドバイスを交えながら、力作を紹介した。その後、筆者も実際に作ってみると、生地をひっくり返すところなど少々手こずったものの、見た目が完璧でなくても美味しそうに仕上がる彩り感、野菜の味がとても生かされていて和風のダシとも合う、とてもおいしかった。
弟子の安原さん曰く「師匠のプレッシャーを感じつつ、完成してまずは一安心」という一方、師匠の森川さんは「ほぼ完璧」と、めでたく合格点となった。参加者からも「新鮮な味」「楽しかった」など大好評だった。ヘルシー志向の女性、ベジタリアンの人向けのメニューにも良さそうだ。
大阪におけるお好み焼きは「家ごとにレシピがある」というほど、実はかなり奥が深い。森川さんは「(吉本)新喜劇を見ながら、お好み焼きを食べる文化を続けていきたい」と話し、日本コナモン協会でも今後も引き続き、粉もんのさまざまな魅力を全国そして海外に発信していくという。
DSC_0016DSC_0032
DSC_0044
DSC_0063
DSC_0069
日本コナモン協会http://konamon.com/ハッピーレシピ ヤマサ醤油https://recipe.yamasa.com/communityぐるなび 美津の http://r.gnavi.co.jp/k137800/ArAkA あらかhttp://www.araka-yaki.com/

【Nicheee!編集部のイチオシ】

新潟の絶品グルメを堪能!「魚沼新米こしひかり収穫祭」に行ってきた!
【奄美大島 旅コラム】奄美のコンビニ「エブリワン」がローカルで変わり種多し
国内の人気旅行先・道後温泉 旅を存分に楽しむ5ポイント

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。