体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『LUCE(ルーチェ)』最も軽く濃いエアータッチインクを搭載した見た目も美しいトンボの多機能ペン!

トンボと言えば真っ先に思い浮かぶのは「MONO」ではないだろうか。学生時代にお世話になった「消えいろPIT」もトンボの商品だ。1913年の創業からおよそ100年間、様々な文具を生み出し愛され続けているトンボ鉛筆だが、トンボ史上最も濃く軽く書ける油性ボールペンインク「エアータッチインク」を初めて採用した『LUCE(ルーチェ)』が新発売された!

多機能ボールペンとは?

今の時代、一口にボールペンと言ってもその形態は色々。大きく分けると、単色ボールペン、多色ボールペン、多機能ボールペンの3種類と言えよう。

 

単色ボールペンは言葉通りシンプルな一色のみのボールペンのことであるのは知っているだろうが、多色ボールペンと多機能ボールペンはシャープペンシルの機能を持ち合わせているかどうかが違う。

 

この3種類を比べて最もスリムなのは、察しの通り、多機能ボールペンだ。シャープペンシルとボールペンが一つにまとまっていて、どちらも必要なオフィスマンから絶大な支持を得ている。そのせいか、打ち合わせの時になどにも使えるようなデザイン的にもおしゃれなものが多い。

 

しかし、多機能ボールペンはスリムゆえにシャープペンシルに、例えば芯が尖るとか芯が折れないなどといったような仕組みを付けることができない。したがってシャープペンシルを主に使う学生は、お気に入りのシャープペンシル一本と多色ボールペンの組み合わせを選ぶ傾向にあるようだ。

 

各メーカーの多機能ペンの特徴をまとめてみた!

多機能ペン(ここでは黒、赤の油性ボールペン2色+シャープペンシルに限る)はほとんどの文具メーカーで取り扱われているが、メーカーによって特徴はこれまた様々。主要メーカーをさらっと簡単にまとめてみることにしよう。

 

・三菱鉛筆「JETSTREAM(ジェットストリーム)」

世界初の画期的な新開発インク「ジェットストリームインク」で「クセになる、なめらかな書き味。」を実現。Amazon多機能ペン売れ筋ランキング第一位を誇っている。

三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5 MSXE510005.9 ネイビー
三菱鉛筆 多機能ペン ジェットストリーム 4&1 0.5 MSXE510005.9 ネイビー

 

・パイロット「2+1 Acro Drive(アクロ ドライブ)」

従来の1/5の粘度の油性インキに潤滑剤を配合した「アクロインキ」を搭載することで、濃くなめらかな書き心地が特徴だ。

PILOT アクロドライブ2+1  ブラック
PILOT アクロドライブ2+1  ブラック

 

・ゼブラ「スラリ2+S」

油性のしっかりした手ごたえと、ジェル(水性)のさらさらした軽さを兼ね備えた「エマルジョンインク」を搭載し、油性ペンと水性ペンの良いとこ取りを実現した。

ゼブラ 多機能ペン スラリ 2+S 0.5 P-B2SAS11-BK 黒
ゼブラ 多機能ペン スラリ 2+S 0.5 P-B2SAS11-BK 黒

 

・ぺんてる「多機能ペンビクーニャEX」

なめらかな油性ボールペンインキ「ビクーニャインキ」とこだわりのデザインで「オーバークオリティなペン」と称されている。

ぺんてる 多機能ペン ビクーニャEX BXW1375C
ぺんてる 多機能ペン ビクーニャEX BXW1375C

 

・ラミー(LAMY)「トライペン」

ドイツ製の高級多機能ペン。直線的でシンプルな飽きの来ないデザインが特徴。

LAMY ラミー 多機能ペン トライペン マットステンレス シャープペンシル0.5mm L759 シャープペンシル 0.5mm ボールペン 油性 マーカー 正規輸入品
LAMY ラミー 多機能ペン トライペン マットステンレス シャープペンシル0.5mm L759 シャープペンシル 0.5mm ボールペン 油性 マーカー 正規輸入品

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。