ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんを抱いたまま涙する夫…二人目を産んだばかりの私に告げられた「癒着胎盤」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20160911150116p:plain

39週で陣痛からの入院でした。

二人目だから早いと思っていたものの、11時間の微弱陣痛。

その間ずっと両親、主人、2歳の娘は分娩室の前で待っていてくれました。

破水して子宮口が全開になってから1時間経っても、波がないときは普通に話せるほどで、赤ちゃんもしゃっくりをしていました。

このままではお産が進まないのでいよいよ促進剤を入れる!という時に突然大きな波が来てそのまま出産。

元気な男の子が生まれました。

あー!よかったーーー!と思い、全身の力が抜けてホッとしました。

早く抱っこしたいな、カンガルーケアしたいな、と思っていると助産師さん達がざわざわ。

おかしい、引っ張っても出てこない、そんなことを言いながら何度も産道に腕を入れていました。

何だろう、と思っていると医師が来て胎盤が出てこないのでこれから手術をします。と告げられました。

え?抱っこは?何で胎盤出てこないの?と訳がわからないまま麻酔を入れられ、目が覚めたときは主人がとなりで泣きながら赤ちゃんを抱っこしていました。

そしてまた麻酔で眠ってしまい、数時間後に目が覚めました。

その時に医師から癒着胎盤だったこと。医師が腕を突っ込んで残っている胎盤を剥がしたが、もし今回取りきれずに残っていたら大出血を起こして命に関わるということ。その際に子宮を摘出するかもしれないということを聞かされました。

主人は先にその話を聞いて涙を流していたようです。 関連記事:出産直後、出血過多で遠のく意識。「3人で帰るんだからね!」と励まし続けた夫

父から後で聞いた話では、陣痛中ずっとわたしの痛がる声が聞こえていて、産声が上がったので産まれたんだな。とほっとしたのもつかの間、30分後にまた痛がる悲鳴が聞こえてきたので、まだ産まれてなかったのかと思うほどだったそうです。

陣痛でも麻酔をかけないのに胎盤を剥がすために全身麻酔をかけるなんて相当痛いんだろうと思います。

でも麻酔がかかっていたのに叫ぶことってあるんでしょうか。わたし自身は全身麻酔でも眠っていて何も覚えていないのですが…。 関連記事:赤ちゃんも、自分の命も危うかった出産。もっと大事にしていれば…と後悔

その後、大きな出血もなく無事過ごせていることに感謝しています。

あの時ぼんやりと見た主人の涙を思い出すと、後からじわじわ来る恐怖と安心感でぽろぽろと涙がでます。

癒着胎盤は今回出産するまで知りませんでしたが、検診などではわからず、出産してみるまで起こるかどうか分からないからこそ怖いと思いました。

命を救っていただいて医師や助産師の方に感謝の気持ちでいっぱいです。

著者:よぴ

2歳と0歳のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

予定日超過→促進剤→陣痛からの緊急帝王切開。難産フルコースを体験してきました
ひたすら恥骨と骨盤が痛いのは、赤ちゃんの顔が当たっている?! 予定日大幅超過の難産
退院の帰り道、夫は涙声に…。37時間の初産を二人で乗り越え「家族になった」と実感

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。