ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東南アジアの「秘境」に行ってみたい!ミャンマーの旅行記まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東南アジアの「秘境」に行ってみたい!ミャンマーの旅行記まとめ

こんにちは。Compathy magazineライターのItsukiです。
11月になると東南アジアも雨季が終わり、旅行しやすくなる国が多くなります。その中でもオススメなのがミャンマーです。

ミャンマーといえば世界三大仏教遺跡のひとつである「バガンの遺跡群」などの仏教建築が主な見どころですが、それだけではありません。

数年前に成田からヤンゴンへの直行便も就航され、また事実上のスー・チー政権も樹立されたことにより、ますます訪れやすくなったミャンマー。今回はその魅力について紹介したいと思います。

世界三大仏教遺跡のひとつ・バガン遺跡

60e8132cb77ca646feacdbfbb8b924a0

まずはカンボジアのアンコール遺跡、インドネシアのボロブドゥール遺跡とともに三大仏教遺跡のひとつに数えられているバガン遺跡を紹介します。広範囲にわたるため、ゆっくり観光するなら数日かかります。Eriさんも2日間滞在されていますが、なんといってもここで見る夕日は絶景です! Eriさんの旅行記は1日ずつ2つにわけられていますが、どちらもバガンの魅力を紹介してくれています。

Eri「バガン巡り 1日目

Eri「バガン巡り 2日目

幻想の湖・インレー湖

inle

Haruna Nssさんの訪れたインレー湖の写真をご覧ください! こんなに幻想的なところがミャンマーにはあるのです! 仏教寺院だけでなく、自然も美しいのがミャンマーの魅力のひとつでもあります。インレー湖を船に乗って遊覧したい方は必見です。

Haruna Nss「~秘境の地~ミャンマー インレー湖を巡る‼

落ちそうで落ちないゴールデンロック

IMG_1372

Kishigami Tetsuyaさんは落ちそうで落ちない黄金の奇跡の岩・ゴールデンロックことチャイティーヨー・パゴダを訪れています。観光客はたいていは日帰りで訪れるのですが、Kishigami Tetsuyaさんは一泊することによって、ライトアップされたゴールデンロックを目にしています。道中の様子や費用まで説明されていますので、訪れようという方には参考になるはずです。

Kishigami Tetsuya「落ちそうで落ちない岩、ゴールデンロックを見るなら日帰りではもったいない!

また、ミャンマーの素晴らしさの一つに現地の人達が非常に親切という点もあります。以前までは素晴らしい国であるにも関わらず、ビザ申請の面倒さもあり、他の東南アジア諸国に比べると訪れる人はそれほど多くありませんでした。しかし近年ではオンラインでのビザ申請も可能になり、年々訪れる人は増えているようです。みなさんもぜひ魅力あふれるミャンマーを訪れてみてはいかがでしょうか?

ミャンマーへ行く前に、実名制の旅行記Compathyで「行ってみたい!」ところをチェック! (「行ってみたい!」の使い方はこちら

紹介したミャンマー旅行記はこちら

*Eri「バガン巡り 1日目
*Eri「バガン巡り 2日目
*Haruna Nss「~秘境の地~ミャンマー インレー湖を巡る‼

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。