ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【Interview】人間同士のつながりで夢をかなえる!最適な出会いを生み出すビジネスマッチングアプリ「Serendipity」を追う

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

serendipity_new_1自分の夢をかなえたいとき、あなたはどんな行動をとるだろうか。一人で黙々と、努力を続ける?その夢に最も近い場所へ行く?それもまた、いいだろう。しかし、まずは周りを見回してほしい。意外と身近なところに、あなたの夢をサポートしてくれる人が、いるかもしれないから……。

「Serendipity」は、そうした出会いを創出するビジネスマッチングアプリだ。うまく利用することで、夢や目標に到達するための最適な機会を、最短でモノにできるという。

一体、どんなサービスなのだろうか。スーパーソフトウエア、エンジニアの高橋 晃一(たかはし こういち)氏に、話を聞いた。(写真:向かって左下が高橋氏)

・オリジナル人工知能がユーザーにとって最適な相手をマッチング

Q1:このようなアプリを提供するに至ったきっかけについて、お聞かせください。

serendipity_2ある調査によると、日本全体の約8割近い人が、実現したい夢を持っているそうです。私自身も学生時代、女性にモテるためにギターで1曲弾きたい、という夢を持ちました。それが一向に上達せず、困っていたとき、偶然出会った友達が実は、ギターが得意な人だったのです。おかげで私の小さな夢は、実現しました。

弊社の中でもこのような経験を持つ人は多く、いずれも夢かなえるためには、人と人とのつながりが、とても大切だということに気づいたのです。そこで、より多くの人に同様の体験をしてもらおうと、本アプリの開発をスタートしました。

Q2:「Serendipity」とは、どんなアプリなのでしょうか。

serendipity_3ひと言で言うと、「夢を実現するためのビジネスマッチングアプリ」です。まずユーザーは、自身の夢と、得意なことを入力します。その内容を人工知能が学習することで、ユーザーにとって、最適なマッチングが行われます。

ユーザーは、マッチングにより夢をかなえてもらったり、逆に誰かの夢をかなえたりすることがあります。つまり、ユーザー全員のGive&Takeで成り立っているのが、本アプリです。さらに、最近話題になっている位置情報を活用することで、より最適なマッチングを可能にしています。

・めざすは世界一夢の詰まったプラットフォーム

Q3:開発に当たって最も苦労したのは、どんなところでしょうか。

serendipity_1弊社オリジナルの人工知能ZENA(ジーナ)では、ディープラーニング技術を利用し、現在、約3万程度の人の夢を学習しております。そのため、当初は学習データをいかに集めるか、マッチングの精度をいかに向上させるか、という部分で苦労しました。

最初は弊社社員の夢や願望を羅列してもらい、学習データとしましたが、当然すぐにネタ切れとなりました。そこで、twitterのつぶやきなどを参考に夢データを作成し、学習データを増やしたのです。

さらに、精度向上のため、当初利用していたCNN(Convolution Neural Network)からRNN( Recurrent Neural Network)に切り替え、各種パラメーターのチューニングを行うことで、マッチング精度を向上させています。

Q4:今後の展開で、決まっていることがありましたら、教えてください。

まず1つは、人工知能ZENAのパワーアップです。日々蓄積されている多くのユーザーの夢を、ZENAに継続的に学習させ、マッチングの精度向上を図っていきます。(中略)

併せて、大胆なUI/UX改善も行うつもりです。ユーザーから貴重な意見を多数いただき、徐々に改善ポイントも見えてきました。より使いやすいアプリにする予定なので、楽しみにしていてください。

今後も「Serendipity」は、世界一夢の詰まったプラットフォームをめざし、積極的に改善を進めていきます。どうかご期待ください。

(取材・文 乾 雅美)
Serendipity

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。