ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

まじ娘、“majiko”としてデビューミニアルバムのリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

“majiko”名義でのメジャーデビューを発表していた彼女が、2017年2月15日にミニアルバム『CLOUD 7』でmajikoとしてのアーティスト活動を本格始動させることが明らかになった。
12月8日@東京Shibuya WWW (okmusic UP's)
12月8日(木)に東京Shibuya WWWで開催されたワンマンライブは、2016年2月に行われた東京・LIQUIDROOMでの開催以来、約10ヶ月ぶり。majiko名義でのメジャーデビュー発表後初のワンマンとあって、チケットはソールドアウト、満員のShibuya WWWでは、majikoの登場を今か今かと待ち構えるファンで、開演前から熱気に溢れていた。暗転した会場にギターのリフが鳴り響き、自作曲「end」から始まったこの日のライヴ。マイクスタンドに手をかけ、集まった観客へ一語一語丁寧に、語りかけるように歌うmajiko。ブレスで始まった続く「FRACTAL」では、赤い照明に照らされながらスタンドからマイクを外し、ステージを縦横無尽に動き回る。3曲目まで一気に歌いきった後「みなさん、こんばんは!どうも、majikoです!」と満面の笑みで叫ぶmajiko。久々のワンマンライヴで集まったファンに向け、「今日は色々発表したいことや話したいことがあります」とリリースを匂わせる発言も。シンガポールから駆けつけたというファンとMCで会話するなど、ステージでの熱情的な演奏とは打って変わって、MCでは観客とぐっと近くあたたかい雰囲気をすぐに作ってしまうmajiko。激しいパフォーマンスとこのMCのギャップもmajikoの魅力のひとつだ。すごく頑張って作ったので是非聴いてほしいですと、自作の新曲「ノクチルカの夜」「昨夜未明」「Lucifer」もこの日披露。「Lucifer」では、ステージで披露するのは初となるアコースティック・ギターを携えての歌唱に、集まったファンも大興奮。“まじ娘”としてリリースをしてきた楽曲はもちろん、“majiko”としての新曲も多数披露するなど、majikoの魅力を十分に堪能できるワンマンライヴとなった。

なお、終演後の会場に突如映し出されたトレーラー映像で、2月15日にミニアルバム『CLOUD 7』でデビューすることを発表。ミニアルバムの予告編となるこの映像は、majikoのYouTubeオフィシャルチャンネルにもアップされているので、是非こちらもチェックを。2017年2月15日にポニーキャニオンよりメジャーデビューをするmajikoに、要注目!

photo by Viola Kam(V’z Twinkle) 

【セットリスト】

01.end

02.FRACTAL

03.リンネ

04,きっと忘れない

05.mirror

06.Void

07.ラストトレイン

08.ノクチルカの夜[新曲]

09.昨夜未明[新曲]

10.回らないトゥシューズ

11.さよならミッドナイト

12.彗星のパレード

13.ダージリン

14.世田谷ナイトサファリ

15. アマデウス

16.Lucifer[新曲]

17.心做し

ミニアルバム『CLOUD 7』予告映像
https://www.youtube.com/watch?v=0RCykRsEMq0

ミニアルバム『CLOUD 7』
2017年2月15日発売

PCCA-04473/¥1,620(税込)

<収録曲>(曲順未定)

prelude

ノクチルカの夜

Lucifer

昨夜未明

shinigami

タイトル未定

12月8日@東京Shibuya WWW (okmusic UP's)
12月8日@東京Shibuya WWW (okmusic UP's)
ミニアルバム『CLOUD 7』 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。