ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ドイツ 東西の歴史は映画ポスターで分かる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ドイツ 東西の歴史は映画ポスターで分かる?
J-WAVEで放送中の番組「ZAPPA」(金曜ナビゲーター:山中タイキ)。12月9日(金)のオンエアでは、東京国立近代美術館フィルムセンターで開催中の「戦後ドイツの映画ポスター」展をピックアップしました。

1950年代後半から1990年までに、ドイツで制作された映画ポスターが並んでいる展覧会。展示がベルリンの壁の写真を挟んで「西ドイツ」と「東ドイツ」の2つに分かれており、その時代の社会情勢がポスターのデザインに色濃く反映されています。

西ドイツと東ドイツ、政治的にも、社会的にも、そして文化的にも異なっていた2つの国。この展示で、映画ポスターでも西と東の違いを見ることができるそうです。

西ドイツは、戦後すぐに大衆向けの映画が盛り上がる一方で、それに反発するように国内外のアート系の映画を扱う配給会社が登場し、そのことにより自由で前衛的なデザインの映画ポスターが増えていきます。そんな背景からバラエティに富んだ西ドイツのポスターですが、次第に分かりやすい表現が主流になっていったため、アート系の配給会社が衰退してしまい、70年代以降、アート系のポスターが減少。

一方、東ドイツでは、国営の映画会社が全ての配給を行っており、映画マーケットでの商業的な競争がなかったため、映画ポスターは自由にデザインできたそうです。東ドイツのデザインは、西ドイツに比べてあまり派手ではないものの、競争によって衰退することなくポスターのアート性は保たれました。

山中も「経済や社会における自由と、芸術や表現における自由は必ずしも比例しないんですね。展覧会に行くまでは、こんなことを映画ポスターから感じることができるとは思わなかった」と展覧会を見た感想を語っていました。

手書きのイラストレーションや写真、タイポグラフィを駆使して当時のアート性の高いドイツの映画ポスターを見れる機会は非常に珍しく、デザイナーごとにポスターが展示されているので、それぞれの独自性なども楽しむことができます。「戦後ドイツの映画ポスター」展は、来年2017年の1月29日まで開催です。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZAPPA」
放送日時:毎日 5時ー6時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/zappa/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。