ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

NIKELABに、 日本独自のカルチャーを取り入れていれた「NIKELAB MA5」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NIKELAB_MA5_LOGO
ナイキジャパンは、ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、上海、香港に 続き、7店舗目になるNIKELABの「NIKELAB MA5」を2016年12月1 日に東京の南青山にオープン。
2014年6月に、ナイキの最新イノベーションの体験やクリエイターとのコレクションを提供する場として「NIKELAB」を発表した。発表以来、スポーツ、デザイン、イノベーションの交差点であるNIKELABは、ナイキの最新イノベーションとパフォーマンススタイルを 組み合わせ、様々なクリエイターなどとコラボレートすることにより、今まで想像したこともないようなコレクションを提供し続けてきた。そして、それらはデジタルの領域を通じて、世界中のコミュニティにも展開されてきた。
NIKELABにおけるイノベーションは、製品だけに限定されない。そのデザイン原則をショップでも表現。プロダクトデザインをインスピレーションに、NIKELABのショップは、環境への影響を抑えながら最大の機能と美観を発揮する。少ないことは豊かなこと。軽量性、機能性、組み立てユニット式(モジュール式)などのナイキのデザイン原則が、ショップで使用する什器、素材、機能性を考慮する上にも生かされている。また、画期的なサウンドシステムを使い、ショップでのエクスペリエンスをさらに高めている。
ナイキのデザイナーは、デザイン会社Miniwizの創立者でナイキの長 期的パートナーでエンジニアでもあるアーサー・ファンとも協力し、再生素材の利用によるリテールデザインの進化の可能性を占うべく、マザーボードや包装材などからつくられた革新的な素材も開発している。また「NIKELAB MA5」では、NIKELABのデザイン原則を基本にしつつ、日本独自のカルチャーや伝統的な手法を取り入れています。自然とテクノロジーの融合を図りながらリテールスペースを構築しているため、フィッティングルームの床には畳を使用し、什器の一部にヒノキなどを使い、NIKELABのプロダクトにインスピレーションを受けたデザイン要素が随所に散りばめられている。

 

■店舗概要
店舗名: NIKELAB MA5
所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山5-12-24 シャトー東洋南青山1F(表参道駅徒歩5分) 営業時間: 11:00 – 20: 00
電話番号: 03-6427-2560(12/1より)
定休日: 不定休
NIKE カスタマーサービス TEL: 0120.6453.77

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。