ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

分娩中に理性が飛ぶって本当でした…。夫に暴言、ウ〇チ連呼の出産体験記 by きのかんち

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:akasuguedi:20161208110752j:plain出産中、私は痛さにうめき声をあげるものだと思っていたのですが、痛さのあまり我を忘れて色々口走ってしまう方の体験談を目にしました。

出産を間近に控えていた私には興味深くとても面白く読ませてもらっていたのですが、THE人見知りな私はきっと静かに(声を出してもうめく位)産むだろうなぁと思っていたのです。 前回のエピソード:麻酔なしで、おまたを切る!? 何よりも怖かった「会陰切開」の実際と想定外だった痛み

そして、いざ出産当日…。

f:id:akasuguedi:20161208110842j:plain

普段なら、感謝する夫のこの「安産のお守りをつける」という行動。

今の私が見ても、なんとも微笑ましいと思います。

が、しかし。

f:id:akasuguedi:20161208110916j:plain

お守りよりも、先生や助産師さんを呼ぶことが先だろうがーー!!

とうっかり夫に怒りをぶつけてしまいました!

もう、いきみ逃しが辛くてしょうがなかったのですね。切羽詰まってたのです。あの時の夫よごめん…!

f:id:akasuguedi:20161208111345j:plain

いざ産むことになったら、急に不安が押し寄せてきました。

「これ、ウ○チ出る…!」

私、成人してから赤の他人にこんなこと告げたの初めてです。

しかも何度もペラペラペラペラと訴えてた気がします…。

その後、幸い赤ちゃん以外のものが出る事もなく長女を産むことができました。

(いきんでる最中も、助産師さんに「声を出さないで!」等注意されていた気がしますが…)

f:id:akasuguedi:20161208111428j:plain

出産前に予想していた「静かに産む」とは正反対な出産でしたが、生まれてきた我が子を見て人生最高の幸せを噛みしめたのでした。 関連記事:「う、う〇こがしたい!」分娩間際に電流のごとく駆け巡った欲望 by 遊佐いつか

f:id:akasuguedi:20160908014245j:plain

著者:きのかんち

年齢:34歳

子どもの年齢:長女6歳・次女3歳

今回の漫画は、次女が0歳~2歳までの悩み等をまとめた「今日も今日とてイヤイヤ期」/竹内エリカ監修(KADOKAWA)より抜粋★一筋縄じゃいかなかった赤ちゃんと翻弄される母の記録です。

ブログ、「まいほーむ!きの家の日常」を運営。育児マンガをいくつか連載しながら子育て中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まさに「痛」の一文字!陣痛室で人類の行く末を案じた、地獄の陣痛タイム by つかさちずる
予定日を10日過ぎて、長引く陣痛に耐え切れず号泣!出産がこんなに大変だなんて知らなかった…
「陣痛なう」とつぶやきたいのに、つぶやけないジレンマ。 そのモヤモヤの理由とは… by 遊佐いつか

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。