体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

町中華探検隊・北尾トロ隊長に聞く「ステキな町中華と出会う方法」【2016年隠れグルメ流行語】

f:id:Meshi2_IB:20161209084952j:plain

▲左が北尾トロ、右が僕、下関マグロ。僕が着ているTシャツは版元が販促用に作ってくれたTシャツ

これぞ町中華!「中華丸長」

2016年の8月『町中華とはなんだ』という本が出版された。共著で、僕・下関マグロ、そしてライターの北尾トロ、編集者の竜超(りゅう・すすむ)と3人で書いた本だ。 町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう (立東舎)

町中華とはなんだ 昭和の味を食べに行こう (立東舎) 作者: 町中華探検隊,北尾トロ,下関マグロ,竜?超,清野とおる 出版社/メーカー: リットーミュージック 発売日: 2016/08/19 メディア: 単行本(ソフトカバー)

とはいえ執筆者の名義は町中華探検隊ということになっている。町中華探検隊とは、町中華を食べ歩き、記録する団体で、北尾トロが隊長なのだ。

実はこの本の他にも、今年は雑誌で特集されたりと、「町中華」という存在が世に出た年でもあったけど、今回は改めて町中華とはどういうものかをトロ隊長にいろいろ聞いてみることにした。

取材場所は東京・下北沢駅から歩いて15分の場所にある町中華、代田橋の「中華丸長」だ。

ここは、カウンター席に広めのテーブル席があって、奥に小上りがある。今回は小上りで食事をしながら話を聞くこととなった。

f:id:Meshi2_IB:20161209085329j:plain

▲このお店、年配のご夫婦2人で切り盛りしておられる。奥様がお水を持ってこられた。

『メシ通』担当編集のムナカタ氏が「それじゃ、お話を聞く前になにか注文しましょうか」と言う。僕は「今日のサービス品」という日替わり定食にしようと、家を出るときから決めていた。

f:id:Meshi2_IB:20161209085447j:plain

▲毎日通っても飽きないようにバラエティに富んでいる日替わり定食

うっ、うっ、きょうはミックスフライかぁ。けっこうヘビーだね。まあ、初志貫徹。僕は日替わり定食。

隊長はオムライスを注文。

あと、餃子、単品でニラレバ炒めを注文。

「ここのニラレバはうまいよ」とトロ隊長。

ムナカタ氏は長考した後、炒飯コンビを決断。ラーメンとミニチャーハンのセットだ。

f:id:Meshi2_IB:20161209085629j:plain

町中華に定義はない!?

まずは、そもそも町中華っていうのは、なにかって話からうかがいましょうか。

この本でも書いているけど、町中華の定義ってぼんやりしているんだよね。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会