ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

これで恋の成功率もアップ!モテる女性だけが知る3つの恋愛セオリー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

これで恋の成功率もアップ!モテる女性だけが知る3つの恋愛セオリー
恋愛は必ずしも自分の思い通りにいくとは限りません。ましてや、すべての恋愛に共通する法則など、この世には存在しないのです。しかし、100%とは言わずとも、恋愛の成功率をあげる手段はあります。そして、その手段を熟知しているからこそ、モテる女性は周りの男性たちから魅力的に見てもらえるのです。では、彼女たちが知るモテ理論とは一体どのようなものなのでしょうか。今回は自他ともに認めるモテ女性たちから、自身が持つ恋愛セオリーについて聞いてきました。

振られたときは“諦めが肝心”

「よく“諦めないことが大事”と言うけど、私としては“諦めが肝心”だと思う。だって、未練たらしい姿を見せたところで、男性からは面倒に思われるだけだし。それよりも、スパッと諦める切り替えの良さを見せた方が、男性からも気にしてもらえます。『あれ、もう自分のことは好きじゃないの?』って急に不安になるんでしょうね」(28歳女性/受付)

何度失敗しても繰り返し挑戦するチャレンジ精神は、成功というゴールに辿りつくための近道でもあります。しかし、恋愛においては、その諦めの悪さがかえって逆効果となる可能性もあるのです。特に、気になる男性に何度もしつこく迫る様子は、相手との関係を悪化させる原因を作ります。

それよりも、一度振られたら、すぐに諦める切り替えの良さを見せてはどうでしょうか。もしかすると、諦める素振りを見せることで、今まで脈ナシだった彼の気を引くことができるかもしれません。

失恋のイメージ

まずは目の前の男性を信用する

「男性って、少しでも疑いの目を向けると「もういいや」ってなっちゃうんですよね。だから、私はどんなときでも、まずは目の前の男性を信じるようにしています」(30歳女性/営業)

どのような男性であれ、好きな女性からは「信用されたい」と強く思うもの。気になる女性の前でつい自分の話ばかりをしてしまったり、自分を大きく見せようとしてしまったりするのは、「女性に信じてもらいたい」という男心からくるものだったのです。

そのため、女性から一度でも疑いの目を向けられると、彼らの心は大きく傷つきます。最悪の場合、相手の女性のことを信じられなくなる可能性だってあるでしょう。恋愛の成功率をあげるためには、いかなるときであれ、まずは男性を信じてあげる姿勢を見せることが大切なのです。

男性を信用するイメージ

本命男性だけに好かれる努力をする

「モテると言われることは多々あるけど、特に男性に対して何かしているってことはないんです。強いて言うなら、本命男性だけに好かれる努力をしているってことかな……。本命の彼に夢中になっているときほど、他の男性からよく声をかけられるようになるんです」(28歳女性/販売事務)

誰にでも良い顔を見せておけば、男性からチヤホヤされると考える女性もいるかもしれません。しかし、そのような態度をとったところで、周りの男性からは勘づかれ、八方美人の烙印を押されてしまいます。モテるどころか、あざとい女性に思われてしまうだけなのです。

本当にモテる女性は、本命の男性だけに好かれる努力をします。彼に振り向いてもらうためなら、どんな努力も惜しまないのです。そして、そんな一途で努力家の一面は、他の男性の目にも魅力的に映ります。その結果、本命以外からも愛されるモテ女性になることができるのです。

愛し愛されるイメージ

自分なりの恋愛セオリーを手に入れよう

恋愛には答えがありません。ときに、自分が正しいと思ってとった行動が予期せぬ事態を引き起こすこともあれば、それが大きな悩みの種となることだってあるでしょう。

そんなときは、一度、モテ女性の恋愛セオリーを参考にしてはどうでしょうか。彼女たちなりの理論を取り入れ、いつもとは違う行動をとることにより、恋愛の風向きも大きく変わってくるはず。そこから新たな自身の恋愛セオリーだって生まれるかもしれませんよ。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

お隣の指先が気になっちゃう!みんなのネイルの好みをチェック♡
【ストレッチレシピつき!】寝る前のストレッチって、本当にダイエットできるの?
【動画あり】ヨガとアロマで風邪予防!風邪に負けない体を準備する方法
新しいデトックス!糖質制限ができる「ローカーボクレンズ」とは?
靴を脱いだらクサッ!あなたの足の臭いは大丈夫?【原因とフットケア編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。