ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

タイの治安は?物価は?タイ旅行の基本情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
タイの治安は?物価は?タイ旅行の基本情報まとめ

微笑みの国タイ。素晴らしい仏教寺院や美味しい食べ物、マッサージなど私たちを虜にする魅力的な観光地ですよね。でもタイってビザは必要?スマホはそのままで充電できる?今回はタイ旅行の前に知りたい基本情報をお伝えします!

*編集部追記
2016年12月に公開した記事に新たに加筆しました。(2017/8/20)
2016年11月時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

タイに行ってみての感想

photo by shutterstock

私がタイを訪れたのは2016年の夏頃でした。予想していた通り非常に暑く、湿度も高かったです。バンコクは高層ビルが立ち並ぶ大都会で、人も多く交通渋滞もひどかったです。

東南アジアらしいカオスな雰囲気があり、観光大国・タイらしく、世界中からの旅行者が数多く見受けられました。タイ人は穏やかでまったりとしており、せかせかと急いでいる人はあまり見かけませんでした。

物価も安くてご飯もおいしく、インターネット環境も悪くありませんでした。また、宿は安いけれどそれなりのレベルがあるので、旅行するにはもってこいの国だと感じました。

 

タイ旅行のルート

photo by shutterstock

私はバンコクから入国して、ウドン・ターニーという小さな町を経由し、チェンマイへと向かいました。バンコクには2週間ほど、ウドン・ターニーは経由として1泊、チェンマイには2週間ほど滞在しました。

タイはLCCが発達しており、様々な航空会社があります。LCCの飛行機では荷物込み、水とスナック付きなど、なかなか至れり尽くせりな対応で驚いた記憶があります。

 

おすすめの都市

photo by shutterstock

私がおすすめする都市は、世界中のノマドが集うと言われるチェンマイです。チェンマイにはコワーキングスペースやおしゃれなカフェがいたるところにあり、ラップトップで仕事をするノマドワーカーをどこでも見かけました。

また、バンコクよりも物価が安く、気候も涼しめなので長期滞在にぴったりの条件が揃っていると思います。夜には活気のあるマーケットを覗いてみたり、タイマッサージに行ったりと、もちろん観光するにも楽しい場所です。
タイのおすすめ記事はこちらです
タイのオススメお土産34選
タイのサグラダファミリア「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」とは?
移住する前に知っておきたい!タイ移住のメリット・デメリット

 

物価

日本に比べて物価はだいぶ安いです。食事やマッサージなどかなりリーズナブルです。しかし高級ホテル内の料金は日本同等もしくはそれ以上になります。

 

治安

治安は悪くありませんが、夜間の一人歩きなどはおすすめしません。また、路地裏など人が少ない道を歩くのも避けましょう。

また、治安は悪くないといっても日本人観光客がスリや置き引きなどで狙われることは日常茶飯事です。タクシーやトゥクトゥクなどの移動手段の料金トラブルも多々あるので気を付けましょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

タイのほぼ全体がモンスーン熱帯気候なので一年中夏服でOK。しかし、車内・レストラン・ホテルなどは冷房で肌寒い場合があるので、必ず羽織るものは持参を。また、寺院観光ではタンクトップやミニスカートなど肌を露出している服装では入場は禁止なので注意しましょう。

なおタイでは暑季(3月~5月)、雨季(6月~10月)、乾季(11月~2月)に分かれますが、一般的なベストシーズンは乾季となる11月〜2月です。

 

通貨

明日から念願の夏休み♪( ´▽`) 自分へのご褒美旅行イテキマ! #この為に我慢して働いているようなもんよ #年一回の海外旅行 #世間より遅い夏休み #タイバーツ #タイ #baht #thai #thailand

はまちゃんさん(@dct0321)が投稿した写真 – 2014 9月 11 4:08午前 PDT

通貨はバーツ。2016年11月現在、1バーツ=3.12円。両替は日本でするより現地の方がレートが良い場合が多いです。空港、銀行、一部ホテル、街中の両替所で両替可能。

両替所によってはレートの違いや手数料のあり・なしがあるので良く確認して両替をしましょう。

 

ビザ

日本国籍であればビザ(査証)は不要。パスポートの残存期間は入国時6ヶ月以上必要になります。その他に30日以内の観光目的であること、タイを出国する航空券を所持していることが条件です。

 

コンセント

主流は220Vで一部110Vが混在しています。110V用コンセントの場合は日本と同じA型ですが、220Vはヨーロッパと同じCまたはSE型です。

220Vの場合、変圧器内蔵型ではない日本製品なら変圧器が必要。かつ、CまたはSE型の場合は日本のプラグでは利用できないので、変換アダプターも必要になります。

関連記事リンク(外部サイト)

カオサン通りから屋台が消える?出店の制限を検討中か
眠らない街バンコクで超人気のクラブ5選
ピピ島にある楽園「マヤベイ」へ。The Beachに憧れバンコクから17時間
自然と伝統が入り混じるタイの古都チェンマイの魅力

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。