体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米津玄師、表現者としての覚醒と次なるステップを示したツアーファイナルが終幕

エンタメ

米津玄師が12月8日に東京・Zepp Tokyoにてライブツアー『米津玄師 2016 TOUR / はうる』のファイナル公演を行なった。
12月8日@東京・Zepp Tokyo (okmusic UP's)
「ツアーに始まりツアーに終わったような一年でした」とMCで米津自身が語っていたように、今年1月から2月にかけて行なわれた『米津玄師 2016 TOUR / 音楽隊』以来約10ヶ月ぶりとなる今回のライブツアー。そこで彼が見せたのは、ライブパフォーマンスの驚くべき変貌だった。

アルバムのリリースを引っさげたツアーではないので、セットリストは過去から最新曲まで満遍なく選ばれた選曲だ。演出や照明に凝った仕掛けがあるわけでもない。しかし、そのステージは、今までに見たこともないようなものに進化していた。新しい試みと、音楽的な挑戦が繰り広げられていた。文字通り肉体的なパフォーマンスがそこにあった。

大歓声に迎え入れられて青い衣装を身にまとった米津がステージに登場し、ライブは最新シングルの「ナンバーナイン」からスタート。バンドメンバーは中島宏(Gt)、須藤優(Ba)、堀正輝(Dr)という初ライブから変わらぬ編成だ。

「どうも米津玄師です。よろしく!」

そう一声かけて「アンビリーバーズ」へ。気付いたのは、ハンドマイクを握って歌う米津が、曲中で手足をしなやかにくねらせること。何気ない仕草のように見えて、その一挙手一投足にコンテンポラリーダンスの躍動感が感じられる。

今年秋に公開された「LOSER」のMVで、米津は初めてダンスに挑戦している。振り付けを担当したのはダンサー/コレオグラファーとして世界的に活躍する辻本知彦だ。「彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている」と彼もコメントしていたが、そこでの出会いと体験が、米津自身のパフォーマーとしての才能を開眼させたのだと思う。

中島と須藤がキーボードを弾くエレクトロニックなサウンドの楽曲が増える一方、「メランコリーキッチン」ではギター、ベース、ドラムのバンド編成となり米津自身もギターを抱えて歌うなど、曲ごとに目まぐるしく演奏のスタイルも変わる。「Undercover」では幻想的な青い光にフロアが包まれるなど、照明も音楽と同期して観客を惹き込む。

ダークな曲が続いた中盤も印象的だった。「KARMA CITY」は、つんのめるようなリズムに電子音のフレーズが折り重なる。曲の後半ではそのまま静寂と暗闇に包まれ、鐘の音のインタールードを経て、続いて「amen」へ。白い光に背後から照らされた米津の姿が浮かび上がる。歌いながらしなやかに踊る。かかとが滑るような、なめらかなステップを踏む。思わず目を奪われる。息を呑むような展開だ。

4人が激しくアグレッシブな演奏を魅せた「Black Sheep」に続いては、「12月10日に『かいじゅうずかん』という書籍が出るんですけど。それのために書いた曲が一曲あって。それをやりたいと思います」と、新曲「love」を披露。この日の会場でも先行販売された初の単行本『かいじゅうずかん』に付属するCDに収録された曲だ。ゆっくりとしたテンポで、後半に向けてどんどんとスケール感を増していく壮大なナンバー。ステージの各所、アンプやドラムセットに設置された電球の光が光る。最後には身体全体を振り絞るようにして歌声を響かせる。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会