ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

“潔癖性”が治り、”祈る”ようになった。半年の「旅」で僕の感受性は大きく変わった。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“潔癖性”が治り、”祈る”ようになった。半年の「旅」で僕の感受性は大きく変わった。

こんにちは!現在、世界一周中!KEIです。現在僕はヨーロッパ中を駆け巡り、約一月半スキーをしています!

「えっ!?貧乏バックパッカーに、スキーなんてとんでもない出費なんじゃないの?」と思いの方も多いかと思います。東南アジアにいた時には1日1,000円で生活費を抑えようとしていた僕に、スキーをするどころか、「ヨーロッパに長期滞在する」ということ自体困難でした。

しかし、「ヨーロッパの山々でスキーをしながら、それを記事にしたい」そして、その先に記事を読んでれた読者の皆様が、「今年はスキーに行ってみたい!」と思ってくれたら、元アルペンスキーヤーとしてこんなに嬉しいことはありません!

 

ということで、僕は「世界一周」の旅の最中に、クラウドファウンディングを立ち上げ→無事に目標金額に達成することができました!支援してくれた皆様、本当にありがとうございました!

無事、ヨーロッパでスキーをすることが出来、ゲレンデに戻ってくると…あれ?間違いなくスキーという「僕の原点」に戻ってきたはずなのに…もしかして、世界を半周してから“原点”に戻ってきたから感じるものが違う?かつて自分がいたはずの場所なのに見方が全然違う!

 

そんな経験をしたので、皆さんにシェアしたいと思います!旅は僕の感情にどのような影響を与えたのでしょうか。スポーツマンだと分かる記事はこちらです↓

 

「スキー」という原点

IMG_9313

photo by Kazuki Kiyosawa

まずは、「スキー」という僕の原点について少しだけ語らせてください。東京出身ながら幼い頃から両親の影響でスキーを行っていて、高校は北海道にスキー留学。大学はスポーツ推薦で入学しました。そんな僕の記念すべき初「海外への憧れ」は、小学生6年生の頃。イタリア・フランスで行われたチルドレンアルペンスキー選手権に“日本代表”として出場したときのこと。

 

世界中の国旗、世界中から集まってくる同世代のスキー選手たち。やっぱり「日本から来た」という印象は非常に歓迎され、この時多くの友達が出来ました。実は、この世界大会の様子は特別番組として、テレビでも放送されたんです!世界の大きさを知り、世界にはたくさんの国があって、いろんな人がいて、それぞれの文化や言葉がある。

ということを子供ながらに、強く感じたことを今でも覚えています。この時「海外」という言葉に惹かれ、強く魅力を感じました。

 

そんな「憧れ」の海外を旅して7ヶ月。

FullSizeRender 44

photo by Kazuki Kiyosawa

日本代表として世界の大きさを感じたあの日から10年。ようやく日本を飛び出すことが出来ました。ずっと「海外に憧れ」を持ったまま、なかなか口に出せず、行動に移せず…10年。もちろんその後に何度か外国へは訪れていましたが、自分の求めているスタイルとは真逆のものでした。

それは、あの頃のようなワクワクどきどきした海外ではなく、「全てが決められている」もの。自分で何から何まで道を決めれる、圧倒的な「旅」がしたくて…。

 

2016年の4月に自身初となる1年間の「ひとり旅」。世界一周に出かけました。楽しいことも、苦しいことも、嬉しいことも、大変なことも乗り越えて現在僕はヨーロッパにいます。もちろん旅はポジティブなことだけではありません。時に、「これから日本帰るんです」という旅人に出会うと、羨ましくないと言えば嘘になります。

でも、その「日本に帰りたい」よりも「やっぱり、ここに来てよかった」という感情の方が、僕の中では非常に大きく・美しく・かけがえのないものということを知っているので、僕は旅を続けます。

 

再び“銀色のシーズン”へ

IMG_8796

photo by Kazuki Kiyosawa

11月中旬。雪が降り、寒さが厳しさを増すヨーロッパ。僕はこの時、イタリアにいました。東南アジアから、中央アジア、中東のアラブ諸国、ユーラシア大陸、アフリカ、ヨーロッパと、世界を半周し再び「雪上」という原点に僕はいました。

それもイタリアという地。最後にこの国に訪れたのは、チルドレンの世界大会の時でした。ヒッチハイクで訪れたフランスもそうですが、このイタリアという地は僕にとって非常にかけがえのない国です。雪上に立ってみると、自分の中の変化にすぐに気がつくことが出来ました。

FullSizeRender 45

photo by Kazuki Kiyosawa

まず初めに驚いたのが、「自然」という圧倒的な存在に敬意を表している自分がいたこと。今まで、アスリートが故に「スキー」というスポーツにばかりフォーカスをしていて周囲の木々や、雪の美しさ、山々の広大さに気づくことが出来ませんでした。

この旅を通じて、「何者も自然には敵わない」「我々は、この自然に生かされている」というなかなか、東京にいては感じることのない感情に触れてきた結果、現役当時、正直言ってしまえば「寒い」ことに腹を立てていた「雪山」を楽しめる自分がいました。山脈の大小様々な美しい形をいつまでも見ていられる自分がいました。

IMG_9305

photo by Kazuki Kiyosawa

次に、「外国人スキーヤー」をただの「スキーヤー」で片付けられない自分がいました。今まで、海外のアルペンスキーヤーを「スキー」という観点からしか見ていなかったが故に、その奥のことまで知ろうとしませんでしたが、当然彼らにも「バックグラウンド」というものが存在します。

 

彼らの出身地から、宗教、文化、食べ物や観光地など、僕らと同じような「生活」が存在するのです。文章にしてしまうと当たり前のような気がしますが、「外国のスポーツ選手の生活」を想像した経験はありますか?例えば、サッカーのクリスチアーノ・ロナウド選手。彼のサッカーのプレイ以外に、とりわけその奥の生活や文化、国柄を想像出来る人は?

あまり多くないと感じます。しかし、久々に海外のスキーヤーと交流することによって、彼らも今まで旅を通して出会ってきた多くの外国人と同じなんだと思えるようになりました。

IMG_9307

photo by Kazuki Kiyosawa

発想がより自由になる感覚もあります。「A」か「B」どちらか選択しろというものに対して「A」でもあり「B」でもある回答「C」を答えれるようになった自分にはよく驚かされています。体育会だった時は、上からの命令には何も考えず「Yes」というのが当たり前でしたからね。

 

「大自然の中で行うスポーツ」スキー。

その行為は、旅をしているかのようにエキサイティングで、超ホット。今まで「スポーツ」で片付けてしまっていた部分が、旅を通して感受性が豊かになり、非常に色あざやかになり、より面白く感じるようになりました。

 

「旅」は僕らの感受性を豊かにする。

IMG_8997

photo by Kazuki Kiyosawa

「旅」を通して自分の中で変わったことはたくさんあります。

「潔癖性」が治ったり、「祈る」ようになったり。中でも、大きく変化したのが「感受性」というところです。「感受性」をうまく説明することが出来ませんが、とくかく“物事”をより、感じられるようになった。

例えば「食べること」…旅を通して、貧困に喘ぐ国を歩いた経験や、羊を生贄にする瞬間に立ち会ったり、「自分たちが生きる」つまりは「食べるということ」がどういう意味をもっているのかということを感じながら、一食一食を食べているのです。

 

かの有名なレゲエ・ミュージシャン“ボブ・マーリー”もこんな言葉を残しています。

「雨を感じれる奴もいるし、ただ濡れるだけの奴らもいる。」

旅立つ前からこの言葉は知っていたのですが、今読むこの言葉は、感じるものが全く違います。ぶっちゃけ、出発前は意味が分かりませんでした。現在、まだ半周というところですが、僕は彼の言う「雨を感じれる奴」に少しでも近づけたかなと思っています。

IMG_8746

photo by Kazuki Kiyosawa

まだ地球半周分、旅は続きます。

世界一周後、自分がどんな人間になっているか。また、この世界一周という「旅」の経験が、今後の人生にどのような影響を与えてくれるのかが今から楽しみで仕方ありません。

関連記事リンク(外部サイト)

プロ厳選!夏にスキー&スノボができる8ヶ国と17のスキー場
あざとい…けど見てしまう!「五ヶ瀬ハイランドスキー場」のCMが話題
19〜23歳だけずるい!「マジ☆部」アプリをとるだけで人気レジャーがタダに!
“世界一周の非日常感”に大興奮!今すぐ海外に行きたくなる話題の映画がついに公開!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。