ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

清塚信也、アルバム「KIYOZUKA」発売記念ライブで収録する全曲を演奏

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
清塚信也、アルバム「KIYOZUKA」発売記念ライブで収録する全曲を演奏

ピアニストの清塚信也が、12月8日東京・渋谷のeplus LIVING ROOM CAFE&DININGにて、12月7日に発売したアルバム「KIYOZUKA」記念ライブを開催した。

黒のスーツでステージに現れた清塚は、「今日はこんな素敵な場所で演奏できてうれしく思います」と、ライブをスタート。現在配信中のHuluオリジナルドラマのために作曲した「代償」と、ドラマで小栗旬が演じる「圭輔」に宛てたという楽曲の「正義」を演奏した。ベートーヴェンの「テンペスト」を挟み、「ひとりで弾けるようにアレンジし直した」というラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」で、前半が終了。

後半は、アルバムで「日本の四季」と名付けたメドレーで、「春よ、来い」「Summer」「枯葉」「Merry Christmas Mr.Lawrence」を披露。迫力のソロ・ピアノ演奏に大きな拍手が起こった。「秋の曲が全然なくて、悩んだ挙句、”枯葉”をジャジーに弾くことを思いついた」と語った。

TBS系列金曜ドラマ「コウノドリ」のメインテーマとしてお馴染みの「Baby, God Bless You」を演奏する際には、「歌詞がないからこそ、皆さんの感受性がすべて正解になる、それが楽器の良いところ。悲しく聴こえる人には悲しく、幸福に聴こえる人には幸福に、そうなるように作りました」と明かした。

「月の光」の演奏の際には、作曲家のドビュッシーを「1800年代から1900年代になろうという時に活躍し、クラシックの中でも我々に近い存在。音楽に空気感を与えた人。いまの映画音楽に派生していて、ドラマの劇伴の草分けでもあります」と紹介した。

アルバムのために作曲した「陽だまりの綾」で本編を終了、アルバム「KIYOZUKA」の全曲を演奏した一夜となった。

アンコールとして「最後はチャラい演奏で、僕の技術を見てもらう」と客を笑わせた上で、「エリーゼのために」「熊蜂の飛行」「エンターテイナー(映画『スティング』より)」「トルコ行進曲」など多くの有名楽曲を早弾きを交えて披露、大きな拍手を浴びた。

撮影:森リョータ

12月8日セットリスト
清塚信也:代償
清塚信也:正義
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第17番 二短調 作品31の2<テンペスト>〜第3楽章
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18〜2楽章
休憩
清塚信也:Four Seasons Medley
・春よ、来い(松任谷由実)
・Summer(久石譲)
・枯葉(コズマ)
・Merry Christmas Mr.Lawrence(坂本龍一)
清塚信也:Baby,God Bless You
清塚信也:Brightness
ドビュッシー:月の光
清塚信也:陽だまりの綾

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。