ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お財布の強い味方! 冷凍食品に対する誤解とおいしく食べるコツ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:ponparemall:20161124141512j:plain

忙しい人の食事づくりの強い味方といえば、冷凍食品。なかでも冷凍野菜は、必要な量だけ調理して残りを保存できるので、野菜が高いシーズンや生野菜を買うと割高になり…というひとり暮らしの方などには、財布にもやさしいアイテムです。とはいえ、冷凍野菜と聞くと、“水っぽくておいしくない”、“添加物がたくさん入っていそう”など、マイナスのイメージを持っている方が多いのも事実。そこで今回は、冷凍食品ジャーナリスト山本純子さんに、最近の冷凍野菜事情やおいしく食べるコツを教えてもらいました!

冷凍野菜って本当に安全なの? 気になる添加物

手軽に食べられて便利な冷凍野菜。その半面、冷凍野菜には添加物が使われていて体によくないというイメージを持っている方が少なくないようです。実際のところ保存料などの添加物は使われているのでしょうか?

「表示を見ていただくとわかると思いますが、たとえばカット済みの冷凍ほうれん草なら、原材料名に『ほうれん草』しか書かれていません。基本的には、素材系の冷凍野菜・冷凍フルーツは何も加えずに冷凍されています」(山本さん・以下同)

f:id:ponparemall:20161124141548j:plain

確かに表示を見てみると野菜の名前しか書かれていないですね! でも通常の野菜より長く保存が効くということは、記載義務のない、なにかしら保存料が使われているのでは…?

「おっしゃる通り、冷凍野菜の賞味期限は1〜2年と長いものがほとんどです。でも、だからといって保存料が使われているというわけではありません。そもそも冷凍食品の保存温度であるマイナス18℃以下(法定ではマイナス15℃以下)で、増殖できる微生物は存在しません。つまり、長期保存を目的に保存料を使用する必要がないのです」

なるほど! 微生物が増殖しないなら、腐らないですもんね。

色がきれいだけれど着色料は使われていないの?

f:id:ponparemall:20161124141613j:plain

青物冷凍野菜の色が鮮やかだったり、里芋が真っ白なので、着色料や漂白剤が使われているのでは? という声もあります。

「実はそれも誤解なんです。青物は茹でると緑が鮮やかになりますよね。冷凍野菜は、下茹で(ブランチング)してから急速凍結して作られているので、単に茹でたての鮮やかな状態で止まっているだけなんです。里芋も、皮をむいてすぐ、変色が起きる前にブランチングして凍結しているから白いんです」

下茹で時の色がキープされているだけなんですね。でもさすがに栄養面においては、生鮮野菜に劣るのではないでしょうか…?

「いえいえ、それも誤解です。冷凍野菜はその野菜が1年で最もおいしい旬の時に収穫して加工されています。ですので、最終調理の段階で比較実験をすると、夏場の生鮮ほうれん草より、冷凍ほうれん草のほうがビタミンCの数値が高いなんてこともあるんですよ。ほかにも、枝豆やコーンは収穫後、時間とともに糖度が低下していくのですが、冷凍野菜にする場合、収穫後数時間で工場に到着し、その日のうちに急速凍結されるので、糖度の低下がそこでストップしています。つまり、収穫後に農協、市場、小売店へと輸送される生鮮品よりとれたて品質ということなんです」

「冷凍野菜はおいしくない」も誤解? おいしく食べるちょっとしたコツ

f:id:ponparemall:20161124141643j:plain

生鮮野菜より採れたてを味わえるなんて意外です! でも、冷凍ほうれん草などを調理すると水っぽくなっておいしくない印象があるんですよね。

「それは加熱時間の問題ですね。生鮮状態の野菜の調理加熱を100%に例えたとき、ブランチングは約80%の加熱をしている状態なんです。それにもかかわらず、生鮮野菜を調理するときのように100%の加熱をする方が多いので“水っぽい”“やわらかすぎる”“クタクタで鮮度が悪い”ということになってしまうのです。ブランチングされていることを知って、調理のときは残り“20%の加熱”を心がければ、冷凍野菜に対する印象が変わるはずです。ちなみにパッケージに“加熱してありません”と書かれていても、それは“調理加熱(100%の加熱)していません”という意味なんですよ」

f:id:ponparemall:20161124141705j:plain

“きちんと加熱をしないと”と思い込んで、しっかり茹でていました! それが味を損なっていたんですね。

「あとは冷凍のまま調理するのもポイント。たとえば、汁物にほうれん草を入れるのであれば、汁物ができあがる30秒前くらいに凍ったまま放り込むとおいしくいただけます。ラーメンの具にするときも、入れるのは麺の茹で上がり寸前でOKです」

本当に加熱は少しでいいんですね! ほかに気をつけたほうがいいことはありますか?

「できるだけ早く食べきることです。冷凍野菜の保管温度はマイナス18℃以下がベストですが、開け閉めが頻繁な家庭用冷凍庫では温度変化が激しくなりがち。マイナス18℃であっても時間とともに少しずつ品質が低下していくので、温度が不安定な家庭ではさらに栄養価が下がるスピードは上がります。ですからできるだけ早め、買って帰ったら2ヶ月以内には食べきるように心がけましょう。そうすれば、栄養価の高いまま使いきることができます」

f:id:ponparemall:20161124141840j:plain

冷凍野菜も年々品質が向上していると思うのですが、最近のトレンドはありますか?

「今まで枝豆は、ブランチングして急速凍結した商品だけでしたが、今は塩茹でまで済んでいて、自然解凍もOKという商品が主流になっています。ミックス野菜は、そのままスープなどの具に使える洋風ミックス、煮物に使える和風ミックスなど、下ごしらえいらずの便利なものが増えています。使い勝手が秀逸という点で、自然解凍もできるブロッコリーや刻んだオクラ、焼きナスも人気です」

食べごろがわかりにくいフルーツこそ、冷凍食品がオススメ!

コンビニには冷凍野菜よりも冷凍フルーツの方が多く並んでいますよね。

「フルーツは食べごろの状態で急速凍結(『適熱加工』という)されており、熟れていなかったり、熟れすぎてしまったりという失敗がなく食べられるので人気です。皮をむく手間もありませんし。冷凍フルーツの需要の7割くらいはブルーベリーですね。ヨーグルトやシリアルとの相性がバツグンです」

f:id:ponparemall:20161124141910j:plain

凍ったままヨーグルトやシリアルに入れれば、それだけで朝ごはんになりますよね。忙しい朝にピッタリです!

f:id:ponparemall:20161124141924j:plain

画像提供:冷凍食品 エフエフプレス

「最近は、マンゴーの人気も急上昇しています。また、珍しいところではスライス済みのアボカドがこの秋、家庭用として発売されました。完熟度合いの目利きが難しいフルーツほど便利ですよ」

ライフフーズ アボカド スライス

ライフフーズ公式サイト アボカドスライス紹介ページ

オススメ冷凍野菜のメーカーと活用レシピを知りたい!

様々なメーカーから冷凍野菜・冷凍フルーツが発売されていますよね。何か、オススメの商品があったら教えてください!

「ニチレイフーズの『そのまま使える』シリーズは、本当にすぐに使えて便利、且つおいしいです。こだわりの強いもので言えば、有機野菜にこだわった赤城高原農場のほうれん草や小松菜。イオンの有機JAS認定農場で栽培シリーズも素材にこだわる方に食べていただきたいです」

・ニチレイフーズ 商品紹介ページ

・赤城高原野菜 グリーンリーフ 商品紹介ページ

・イオン トップバリュ 有機JAS認定農場で栽培シリーズ 商品紹介ページ

f:id:ponparemall:20161124142206j:plain

画像提供:冷凍食品 エフエフプレス

最後に冷凍野菜を上手に活用して献立を立てるオススメの方法を教えてください。

「日本冷凍食品協会・調理コンサルタントの間野実花先生のレシピは、簡単に作れるので参考になりますよ。私が編集長を務めているウェブサイト『冷凍食品 エフエフプレス』に掲載しています」

教えて実花先生!冷凍食品 基本の「キ」

どれも簡単に作れそうなうえ、おいしそうです! なんだか、冷凍食品へのイメージがガラリと変わりましたよね! 疲れて帰った日も、サッと加熱するだけで栄養が摂れるので、活用しない手はありません。ちなみに山本さんにとって冷凍庫に常備しておくと便利な食材は、「定番ですがほうれん草」とのこと。ほうれん草なら鰹節とお醤油をかければすぐ食べられますし、青いものが少しほしいというときに、必要な分だけ解凍して使えるので便利なのだとか。これから冷凍野菜を活用して、お財布も時間も節約しながら食を楽しみましょう!

(取材協力)

f:id:ponparemall:20161124142245j:plain

山本純子

34年にわたる冷凍食品専門紙記者・編集長・主幹の経験を経て2015年に独立。各種メディアで活躍する冷凍食品ジャーナリスト。冷凍食品の話題を取り上げ、語り合う場として運営されているウェブサイト「冷凍食品 エフエフプレス」編集長も務める。

冷凍食品 エフエフプレス

(今回紹介した商品)

・ライフフーズ アボカド スライス商品紹介ページ

・ライフフーズ 公式サイト

・ニチレイフーズ商品紹介ページ

・ニチレイフーズ 公式サイト

・赤城高原野菜 グリーンリーフ商品紹介ページ

・グリーンリーフ 公式サイト

・イオン トップバリュ 有機JAS認定農場で栽培シリーズ商品紹介ページ

・イオン トップバリュ 公式サイト

取材・文・写真/鈴木翔子

関連記事リンク(外部サイト)

家電がコミュニケーションを通じて提案してくれる時代に突入! “IoT家電”最前線
レトロモダンでかわいい! 「こぎん刺し」でくるみボタンを作ってみた
アラサーだってキュンキュンしたい! 少女漫画大好き芸人・中村涼子が選ぶ、胸キュン必至漫画5選

カテゴリー : エンタメ タグ :
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。