ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ACIDMAN、プロデューサーに小林武史を迎えたシングル「愛を両手に」発売決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ACIDMAN、プロデューサーに小林武史を迎えたシングル「愛を両手に」発売決定

2016年10月よりバンド結成20周年のアニバーサリーイヤーに突入しているACIDMAN。結成20年、バンドキャリアとして初となるプロデューサーに小林武史を迎え、2017年2月8日にシングル「愛を両手に」をリリースすることが発表された。

昨秋開催されたInterFM897開局イベント「897sessions」、JFLイベント「LIVE FOR THE NEXT(w/YEN TOWN BAND)」を縁に交流を深めた小林武史と大木伸夫。今年も「Reborn Art Festival x ap bank fes 2016」、岡山県犬島での「円都空間 in 犬島」の出演、共演も経てACIDMAN活動20年のバンドキャリア初のプロデューサー依頼となった。

「愛を両手に」は今春開催された「ACIDMAN LIVE TOUR “Second line & Acoustic CollectionⅡ”」の各会場アンコールで披露されており、ファンの間で音源化を切望されていた楽曲。小林武史によって磨き上げられたストレートなバラードが、満を持してシングルとしてリリースされる。

今回の「愛を両手に」発表に際し、大木伸夫のライナーノーツが寄せられている。

「一昨年、愛する祖母が亡くなりました。
亡くなる数ヶ月前、僕の存在を認識できなくなってしまった時が一番悲しかった。
今まで何度も身近な死を経験したけれど、やはり悲しい。
その時に作った歌です。
ばあちゃんは幸せだったかな、と。 そうであって欲しい。
きっと空のどこかで聴いてくれていると信じて。
非常に個人的な歌ですが、それぞれの思いを重ねて聴いて頂けたら幸いです。」
2016年12月9日大木伸夫

そして、今作には2014年10月に東京・Zepp Tokyoにて開催された「世界が終わる夜」リリース記念プレマムワンマンライブの模様をライブ音源としてダイジェスト収録。

さらに、初回限定盤には「ACIDMAN 20th Anniversary year」のスペシャル特典として2002年5月25日に下北沢GARAGEにて開催されたACIDMAN初ワンマンライブの当時、資料用として1カメで撮影されたライブ映像が発見され、その中からダイジェストで編集したライブ映像をDVDとして付属する。

リリース情報
シングル「愛を両手に」
2017年2月8日発売
初回限定盤 TYCT-39049 1,800円+税
通常盤 TYCT-30063 1,200円+税

関連リンク

ACIDMAN オフィシャルサイトhttp://acidman.jp/
ACIDMAN レーベルオフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/acidman/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。