体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジェニファー・ローレンス×クリス・プラット主演のSFロマン『パッセンジャー』3月公開 監督は『イミテーション・ゲーム』の俊英モルテン・ティルドゥム

エンタメ
ジェニファー・ローレンス×クリス・プラット主演のSFロマン『パッセンジャー』3月公開 監督は『イミテーション・ゲーム』の俊英モルテン・ティルドゥム

ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットという今ハリウッドで最も旬な2人がダブル主演を務める映画『パッセンジャー』が2017年3月24日(金)より全国公開される。

本作は、孤立無援の宇宙空間で、目的地の惑星到着まで残り90年を残して目覚めてしまったという極限状況に陥った男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペース・スペクタクル・ロマンだ。

20××年――ある豪華宇宙船アヴァロン号が、5000人の乗客(=”パッセンジャー”)を乗せ、地球を後にする。アヴァロン号の目的は、120年かけ、新たなる居住地となる目的地の惑星に到着すること。しかし、冬眠装置で眠る乗客の中で、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが、90年も早く目覚めてしまう。絶望的状況の中でお互いに惹かれ合う2人は、なんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が2人の運命を狂わせていく――。

監督は、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』でアカデミー賞にノミネートされた俊英モルテン・ティルドゥム監督。主演は『世界でひとつのプレイブック』(12)でアカデミー賞主演女優賞に輝き、『X-MEN』シリーズのミスティーク役でも知られるジェニファー・ローレンスと、2015年の洋画No.1『ジュラシック・ワールド』で世界中を熱狂させ、大作『マグニフィセント・セブン』の日本公開も控えるクリス・プラットという世界が注目する二人の俳優だ。

日本版ポスターに映し出されるのは、何かを悟ったかのような暖かみが感じられるジェニファーと何かを決断したかのような険しい表情のクリス。気になるのは、コピーのラストに書かれている、”その理由は1つ――。”というフレーズだ。この2人だけが90年も早く目覚めてしまったのは、どうやら偶然ではなさそうだ。このたった1つの理由を巡って、いったいどんなドラマが展開されるのだろうか?

映画『パッセンジャー』は2017年3月24日(金)全国ロードショー

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会