ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandpa(原題)』、米劇場公開日が決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

robert-de-niro
TWCディメンションは、ロバート・デ・ニーロ主演の映画『The War With Grandpa(原題)』の米劇場公開日を2017年10月21日に決定した。

同社は同作の公開日を6カ月早く計画していたが、11月に開催されたアメリカン・フィルム・マーケット(AFM)のプレゼンテーションで、ティム・ヒル監督は、同作の撮影を2017年2月からトロントで開始すると発表した。

『The War with Grandpa(原題)』は、祖母を亡くしたばかりの祖父が家に引っ越してきたことで、自分の部屋を出なければならない少年の姿を描いたものだ。少年は友人の手を借り、祖父が自分の部屋から出ていくように様々ないたずらを仕掛けるのだが、予想していたよりも祖父が手強い相手であることに気づき、物語は徹底的な争奪戦へと発展していく。

クリストファー・ウォーケンとユージン・レヴィは、デ・ニーロの友人役で出演する。『The War with Grandpa(原題)』は、1984年に出版されたロバート・キンメル・スミスの児童書をベースとしている。フィリップ・グラッサー、マーヴィン・ピアート、ローズ・モリス・ピアートがプロデューサーを務め、ジェーン・ローゼンタールとバリー・ウェルシュがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。

リサ・アッダリオ、トム・アッスル、マット・エンバーが脚本を手掛ける。

TWCディメンションはさらに、ラーズ・クレブバーグが監督し、ロイ・リーがプロデュースするホラー映画『Polaroid(原題)』の米劇場公開日を2017年8月25日に設定した。同作は、かかわった者は必ず死ぬという1台のポラロイドカメラを描いたクレブバーグ監督のショートフィルムをベースとしている。

映画『ザ・リング』や映画『THE JUON/呪怨』シリーズの開発にも協力したリーは、AFMのプレゼンテーションで、『Polaroid(原題)』がシリーズ第1弾となることを発表した。

カテゴリー : エンタメ 映画 タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。