体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガでわかるGit 第8話「GitHubを使ってみよう push・pull編」

GitHubを使ってみよう push・pull編

この記事は マンガでわかるGit 第7話「GitHubを使ってみよう」の続きです。

前回の状態

マンガでわかるGit 第7話「GitHubを使ってみよう」 の演習を終えたら、このような状態になっていると思います。

SourceTree上ではこうなっています。

pushを実践

ローカルで編集を加えよう

ローカル(自分のパソコン)でマークダウンファイルに編集を加えるために、フォルダを開きましょう。

左のバーから該当のリポジトリを右クリックして[エクスプローラで表示]をクリックします。

該当のフォルダが開きます。

git04

README.mdを開き、文字を書き加えましょう。


7話となっていたものを、 7・8話に修正しよう。

●編集前

●編集後

マークダウンファイルを保存して閉じます。

編集した内容をコミットしよう

SourceTreeに戻り更新[F5]を押すと、「コミットされていない変更があります」と表示されています。

ステージしてコミットしましょう。

コミットメッセージを書き込んだら[コミット]をクリックします。

コミットできました!

(ステージとコミットの概念については、マンガでわかるGit 第4話「コミットしてみよう」で詳しく解説しています)

コミットしただけだとリモートリポジトリに反映されない!

1 2 3次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。