ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Chrome 56 BetaでHTTP接続の一部ページが“安全ではない”に判定される、Web BluetoothやWebVRもデフォルト有効に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Google は 12 月 8 日、現在ベータ版として提供している「Chrome 56 Beta」から HTTP プロトコルで接続する一部の WEB ページを “Not Secure(安全ではなに)” にマークすることを正式に発表しました。対象は、HTTP 接続の WEB ページの中でもパスワードを登録したり、クレジットカード情報を登録するフォームです。これ以外の WEB ページではこれまで通り「プライベート接続ではありません」と表示されるに留まります。Google はネットのセキュリティ向上を目的とした取り組みの中で、最終的には HTTP 接続全体を “安全ではない” に分類する予定です。まずは上記のフォームページが “安全ではない” と判定されるようになりました。Google はまた、Chrome 56 Beta で Web Bluetooth や WebVR の API をデフォルトで有効にしたことも明らかにしました。Source : Chromium Blog

■関連記事
HTCの幹部がライトアップされたHTC本社の写真を公開しながら次期主力スマートフォンやViveを開発中とツイート
Sony Mobile、「Concept for Xperia」を近々Android 7.1.1にアップデートする予定
Google、Googleアシスタントを利用した独自サービスを提供できる「Actions on Google」の提供を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。