体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『THINKING NEND Puttys』ガラスのように透明な新感覚粘土、見た目も感触もすべてが初体験!

どうやら巷には、伸ばしたり、ねじったり、ちぎったりできる、記者が今までに見たことのない透明な粘土があるらしい。触ると色が曇るが、しばらくすると元の透明に戻る……とか!? 気になる粘土の正体は、株式会社イーストパール『THINKING NEND Puttys』。これは試してみるしかない!

子供が遊べるだけでなく、大人のリラックス効果にも期待

『THINKING NEND Puttys』(50g・税別980円は、アメリカ生まれの不思議な粘土。シリコン製で、空気に触れても乾かないのが特徴だ。子供の玩具としてはもちろん、粘土を握ることで指先の運動になり、脳が刺激されてストレス解消やリラックス効果が得られるとして、大人からも人気を集めているという。

 

もともとは工業用のシリコンパテで、粘土自体は1945年に初登場。しかし当時は粘土の特性をうまくアピールすることができず、ヒットすることはなかったのだとか。そんな中、イーストパールはシリコンパテの成分を独自に調整し、玩具の安全基準を表す「STマーク」を取得。アメリカにも「THINKING PUTTY」という似たような性質を持った製品があるが、実は全くの別商品なのだ。

それではいよいよ検証スタート!パッケージの箱を確認すると、裏には「誤飲・窒息の危険がありますので3歳未満のお子様には絶対に与えないでください」との注意書き。対象年齢が3歳以上であることは、あらかじめしっかりと把握しておきたい。

cr7_7525

さっそく開封……おっと、思ってたのと違うぞ!?

丸形の缶を開けると、あれれ?ビニール袋に包まれたスライムのようなものが入っている。動画を観て、てっきりクリアな粘土が直接入っていると思っていたので、少し拍子抜け。

cr7_7535 cr7_7541

気を取り直して袋から『THINKING NEND Puttys』を取り出してみると、思っていたよりかなり堅い。スライムのような触り心地を想像していたので、この堅さには驚いた。だが、油粘土も新品の時はかなり堅いので、同じようなものかと納得する。

cr7_7545

匂いはそれほど感じられず、あえて鼻に近づければ、ゴムのような香りがほんのりする程度である。

cr7_7548
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会