ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

幕の内弁当はファミマのバランスのよさが光る

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
幕の内弁当はファミマのバランスのよさが光る

季節を問わず売れるのがお弁当。中でも、幕の内弁当が定番中の定番です。さまざまなおかずが楽しめる満足度の高さがその理由でしょう。そこで、コンビニ5社の幕の内タイプの弁当を揃え、米とおかずの量、品目数、そして1gあたりの価格を比較。どの幕の内弁当が最もお得なのでしょうか?

幕の内弁当の1gあたりの価格

セブンイレブンは「幕の内弁当」(398円)。総カロリーは654kcalで、米が209gでおかずが142gというバランスで、トータル351gです。おかずの品目数は8品目。1gあたりの価格は「1.134円」でした。

ファミリーマートは「和風幕の内弁当」(430円)。総カロリーは503kcalで、米が160gがおかずが154gで、トータルが314gでした。おかずの品目数は11品目。1gあたりの価格は1.369円です。

ミニストップは「10品目紅鮭幕の内弁当」(398円)。総カロリーは513kcalで、米が182gでおかずが142gという割合でトータル324gです。おかずの品目数は10品目。1gあたりの価格は1.228円でした。

サークルKサンクスは「幕の内弁当」(398円)。総カロリーは634kcalで、米が176gに対しておかず116gで、トータル292gです。おかず品目数は8品目で、1gあたりの価格1.363円でした。

幕の内弁当は安さでヤマザキ

ローソンは「七穀ごはんといろいろおかずの幕の内」(530円)。総カロリーは327kcalで、米が101gでおかずが142gでトータル243g。おかず品目数は12品目でした。1gあたりの価格は2.181円です。

デイリーヤマザキは「おかず幕の内弁当」(398円)。総カロリーは627kcal、米が204gでおかずが171g、トータル375gとなっています。おかず品目数は8品目で、1gあたりの価格は1.061円です。

コンビニの幕の内弁当を検証した結果、デイリーヤマザキが1g当たりの価格が唯一、1.0円台とトップの安さでした。ただし、ファミリーマートの品目数はナチュラルローソンに次ぐ11品目。価格もそこそこ抑えられ、バランスのよさが光りました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。