体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冒険を求めて、北海道移住歴18年。森のパン屋が語る幸せの秘訣は

「電波少年」がきっかけ⁉ 北海道移住歴18年の先輩が語る、幸せの秘訣は

北海道・岩見沢の中山間地・美流渡(みると)でパン屋を営む中川さん一家が、この地に移住したのは18年前。東京から札幌を経て、あえて“過疎地での不便な暮らし”を選んだ理由とは? 同じ地域への移住を予定している筆者が、妻の文江さんに想いを聞いた。

里山のような風景を見てひと目ぼれ

中川達也さん・文江さん夫妻は、わたしの移住の大先輩にあたる。来春、岩見沢の市街地から車で30分ほどの美流渡に、わが家は引越しを計画中なのだ。今回、妻の文江さんからじっくり話を聞く機会に恵まれ、「移住後の暮らし」や「夫婦の役割分担」など、自分が直面している課題を乗り越えるヒントをたくさんもらうことができた。

美流渡は、もとは炭鉱街として栄え、かつては1万人以上が住んでいた地区。昭和40年代の閉山に伴い、急速に過疎化。中川さんが移住した18年前に、すでに人口は大きく減少し、商店もたった数軒となっていた。

「パン屋をやりたくて場所を探していたら、友人が美流渡を薦めてくれました。北海道というと平らで広大な大地が続くイメージがありますが、ここは里山のような風景。まるで民話の世界のような懐かしさを感じ、ひと目ぼれしました」【画像1】文江さんは看護師、達也さんはNTT職員として東京で働いていたが、達也さんが会社に希望を出し、文江さんのふるさとでもある札幌へ転勤。その後、美流渡へ移住した(写真撮影/來嶋路子)

【画像1】文江さんは看護師、達也さんはNTT職員として東京で働いていたが、達也さんが会社に希望を出し、文江さんのふるさとでもある札幌へ転勤。その後、美流渡へ移住した(写真撮影/來嶋路子)

いまのわたしにもできる冒険がある。それが移住の動機

このとき中川さん夫妻は2人の息子と札幌で暮らしていた。20代のころ東京で仕事をしていたが、夫妻には「ペンションを開いてみたい」という夢があった。夢に近づく第一歩として札幌へ移り住んだものの、ペンションブームはしだいに下火に。夢が遠のいていくように感じることもあったが、札幌でのサラリーマン生活は快適で、そこに安住していたという。しかし、30代になったあるとき夫妻は、自分たちの暮らしを変えたいと思うようになった。そのきっかけの一つは、文江さんが好きだった、あるテレビ番組だった。

「『電波少年』で、タレントがヒッチハイクで世界中を旅するコーナーが大好きでした。いまのわたしにもできる冒険があるんじゃないかと思うようになったんです」

当時の社会状況も文江さんの心を動かした。90年代末は、北海道拓殖銀行が破たんし将来に不安を抱く人々が増えた時代。こうした状況のなかで「息子たちには会社がつぶれても生きていける人になってほしい」と思ったという。

新たなチャレンジをしたいと一念発起し、達也さんは会社を辞めてパン屋で修行をつむことにした。その後開業する場所を探していたところ、美流渡に出あったのだった。

美流渡にひと目惚れしてからの行動は早かった。すぐに町会長らに「ここに住みたい」という想いをぶつけ、あまり使われていなかった集会所を譲り受けることができた。築60年以上で、壁がはがれ天井が崩れていた部分もあったが、この状況を見て文江さんはときめいた。「これからどんなふうにも変えていける」という可能性を感じたそう。達也さんと文江さんの父とで半年かけて改修し、パン屋「ミルトコッペ」をオープンさせた。【画像2】ミルトコッペのパンは薪を使ってレンガ窯で焼く。住宅街では煙の問題があるため、あえて不便な立地にパン屋をオープンさせたそう(左:画像提供/ミルトコッペ、右:写真撮影/來嶋路子)

【画像2】ミルトコッペのパンは薪を使ってレンガ窯で焼く。住宅街では煙の問題があるため、あえて不便な立地にパン屋をオープンさせたそう(左:画像提供/ミルトコッペ、右:写真撮影/來嶋路子)

移住後の生計はどうやって立てた? 文江さんの暮らしの工夫

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会