ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

冬アイスはロブション。暖かい部屋で口ひんやりとろける

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

どうして冬に食べるアイスはこんなにもおいしいのか。

夏に食べるアイスとは、ちょっと違う…。なぜか、もっとおいしく感じるのです。

とくに格別なのは、仕事から帰ってきて、ひとり家でごろごろしながらのアイスタイム。一日の疲れがアイスと一緒に溶けていきます。

2年の月日をかけて生まれたアイス

Joel Robuchon Officialさん(@joel.robuchon)が投稿した写真 – 2016 9月 9 8:21午前 PDT

そんな、疲れを甘く癒してくれるのが、プレミアムアイスバー「ジョエル・ロブション ショコラ ~オレンジと練乳のソースで~」と「ジョエル・ロブション ストロベリー ~タヒチ産バニラとホワイトチョコで~」。

セブン-イレブン・ジャパンとフランスの有名シェフであるジョエル・ロブションがタッグを組んで生まれた、期間限定商品です。

なんと、2年間にもおよぶ綿密な打ち合わせを経て誕生したという、このふたつのアイス。味へのこだわりも半端なものではありません。

高級レストランのスイーツのような繊細な味わい

改良を重ねて、ロブションが採用したのは、具材とソースを「マーブル状」に混ぜる新技術。

その技術のおかげで、いろいろな味や食感が波のように次から次へ押し寄せてくるアイスが実現しました。

20161208_ice01.jpg

ジョエル・ロブション ショコラ ~オレンジと練乳のソースで~
小売価格300円(税込)

「ジョエル・ロブション ショコラ ~オレンジと練乳のソースで~」は、ショコラとオレンジのマリアージュに、オレンジ&練乳のダブルソースが隠し味。チョコレートコーティングには、カカオニブが散りばめられています。

20161208_ice02.jpg

ジョエル・ロブション ストロベリー ~タヒチ産バニラとホワイトチョコで~ 
小売価格300円(税込)

また、「ジョエル・ロブション ストロベリー ~タヒチ産バニラとホワイトチョコで~」には、ストロベリーを果肉、ソース、フリーズドライといった3種類の方法でふんだんに使用。濃厚なタヒチ産バニラビーンズ100%のバニラペーストとフリーズドライイチゴの食感は、思わず病みつきになりそうです。

まるで高級レストランで出されるスイーツのように繊細な味わい。これがアイスバーひとつで味わえるなんて、もう食べないわけにはいきません。

ますます冬アイスの虜になってしまう予感。

12月13日(火)から販売予定です。

「ジョエル・ロブション」監修アイス

文/グリッティ編集部

■ あわせて読みたい

アレキサンダー・ワンとBeatsのイヤホン。くたくたになるまで東京を動き回りたい
渋谷でカーリング初体験。直帰したくない夜の気分転換に
夢をコントロールできるなら、もう目覚めたくない。そんな装置
表参道にお菓子の世界。テクノロジーで子どものころの夢叶った
情熱的?さわやか? あなたがいま求めているキス #深層心理
冬セールはAmazonで。最大70%OFFで何買おうかばっかり考えてる
テイラーは音楽からソーシャルメディアへ。自己表現がテックフレンドリーに

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。