体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冬休みは子供と一緒に家族でおでかけ!行ってみたいスポットがたくさんある群馬のおすすめスポット20選!

冬休みは子供と一緒に家族でおでかけ!行ってみたいスポットがたくさんある群馬のおすすめスポット20選! 群馬

草津温泉や万座温泉など、子供と一緒に家族水入らずでゆっくりと過ごしたい方におすすめの群馬には、温泉はもちろん子供が楽しめるおもちゃ王国や前橋るなぱあくといったアクティブ系スポットがいっぱい♪

冬休みの家族旅行に群馬はいかが?子供と一緒に行ってみたい、おすすめの観光スポットをご紹介!

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

草津温泉

草津温泉

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_10426cd2110076558/photo/

恋の病以外なら、どんな病気でも治るといわれる草津温泉。大小100余カ所もの自然湧出の温泉がある。もうもうと湯煙をあげる湯畑をはじめ、お湯が川となって流れている西の河原と露天風呂。湯もみと湯もみ踊りが実演される熱の湯など、湯の町ならではの見どころがいっぱい。

◎湯畑 毎分4437リットルの熱湯が一年中湧き出ており、この熱泉を幾本もの長い木樋に流し、温度を下げて湯の花を採取してから各旅館へ送湯する。2013年には、目の前に「御座之湯」も完成し、草津温泉のシンボルとして益々発展している

◎湯もみ 湯畑前にある熱の湯は、昔ながらの風習「湯もみと湯もみ踊り」で知られる。高温の湯を長い板でもみ、温度を下げる作業が湯もみ。

◎共同浴場 町中いたるところに共同浴場があり(16カ所)、中でも千代の湯、地蔵の湯では伝統的な入浴法である時間湯が受け継がれている。◎大滝乃湯 男女各100名が同時に入浴できる広々空間の大浴場や大露天風呂を中心に、うたせ湯、サウナ、あわせ湯などが完備している。中でも、幅25m、高さ3mの「湯の滝」が目玉的存在。地下の浴場は松の木造りで、いで湯ムード満点。ミニ「時間湯」の体験もできる(要予約)。9~21時・9~21時(8月)、12月に10日間休。TEL(0279)88-2600

◎テルメ・テルメ 草津高原ベルツの森にあるホテルヴィレッジがベルツ博士の構想とドイツの温泉保養地に範をとりながら、本格的な温泉保養公園(クーアパーク)の実現をめざしてきた。テルメ・テルメは、その中の施設の1つ。テルメ(therme)とは、ドイツ語で温泉、または古代ローマの荘厳な大浴場という意味。建物は地上1階地下2階。水着着用の運動水浴ゾーンと、男女別の温泉浴・サウナゾーンからなる。後者は日本古来からの温泉浴を中心とした裸のゾーンで、打たせ湯・むし湯・あつ湯・ぬる湯・寝場・かぶり湯・時間湯・目の湯・かっけの湯・浅湯・地蒸し・長湯・のみ湯を備えるほか、サウナも高温・中温とバラエティーにとんでいる。ロビーゾーンには、カフェレストランや酒落た売店もある。いずれのゾーンを眺めても明るく開放感にあふれている。10時~22時。TEL(0279)88-5560

\口コミ ピックアップ/

温泉観光地といえば、草津温泉

草津温泉といえば、湯畑。

湯畑の昼間のにぎわいもさることながら、夜ライトアップされた湯畑も雰囲気があります。

(行った時期:2013年12月6日)

あの湯畑を見て感動しない人はいないでしょう。

これぞ温泉の中の温泉です。

素晴らしい温泉がいくつも湧き出ており、温泉施設や共同浴場など、湯巡りが楽しめます。

あとは温泉街の雰囲気がとても味のあるもので、そば屋はどこも大変おいしい。

最近、1年に1回は必ず行ってます!

(行った時期:2015年12月) 草津温泉

住所/群馬県吾妻郡草津町28

「草津温泉」の詳細はこちら

前橋るなぱあく(前橋市中央児童遊園地)

前橋るなぱあく(前橋市中央児童遊園地)
1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会