ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

マーティン・スコセッシ、『沈黙』をバチカンで特別上映! ローマ法王にも面会

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
マーティン・スコセッシ、『沈黙』をバチカンで特別上映! ローマ法王にも面会

最新作『沈黙 -サイレンス-』の予告編が公開され話題を集めているマーティン・スコセッシ監督だが、今度はバチカンでローマ法王に対面するという偉業を成し遂げたようだ。


『沈黙 -サイレンス-』の原作は遠藤周作の歴史小説。キリシタン弾圧が厳しさを増す17世紀の日本を舞台に、イエズス会の宣教師たちが直面する苦難を描く。

「TIME」によると、完成した映画を引っ下げ、11月30日にバチカンで、イエズス会の神父を集めた特別上映会が行われた。それに合わせて、ローマ法王とスコセッシ監督の対面も実現。法王は短い会合の中で、遠藤周作の「沈黙」を読んだことや、過去に日本での宣教を希望していたことを明かしたという。また監督から法王に、長崎の修道女の絵と、日本の殉教者たちの絵が贈られ、反対に法王からはロザリオが贈られた。

スコセッシ監督は1988年に制作した映画『最後の誘惑』が、保守的なクリスチャンから大きな非難を受けた過去がある。今回バチカンでの上映会、そしてローマ法王との対面により、これまでのわだかまりを払拭できたようだ。

Los regalos de Scorsese al Papa: reproducción de antigua imagen de la Virgen de Nagasaki, y otra de los mártires de Japón. pic.twitter.com/c0CStiBGLz
– Javier M-Brocal (@javierMbrocal) 2016年11月30日

映画『沈黙 -サイレンス-』は2017年1月21日公開。

https://www.youtube.com/watch?v=IqrgxZLd_gE

■参照リンク
http://time.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ジョーダンは口撃も最強!?NBAで誰が一番最悪のトラッシュ・トーカーか?
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
御年70歳!WWE「悪のオーナー」ことビンス・マクマホンが審判としてリングに降臨!相変わらずのガチムキっぷりにファン歓喜
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
BRAHMANのTOSHI

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。