ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フルコーラスにこだわったSP番組『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』BSフジにて放送

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

12月10日(日)の19時から20時55分まで、BSフジのサタデースペシャルとして『名歌復活!~弾き語り 昭和のメロディー』が放送される。

番組では、弦哲也、杉本眞人、岡千秋という当代の演歌・歌謡曲界を代表する3人のヒットメーカーが自作を歌うと共に、芸能界の生き字引として知られる音楽評論家・小西良太郎氏とタレントの松本明子を相手に、自らの足跡やヒット曲誕生の陰のエピソードなどを語る。

3人をよく知る小西氏がホスト役を務める時点で、濃い話が聞けるであろうことは予測できるが、共に名人の域にいる4人とあり、例えば軽く交わしているような言葉でも、その奥の深さは、演歌の詞の味わい深さにも通じるもの。しかもゲスト歌手として出演している島津悦子、あさみちゆき、椎名佐千子もまた演歌・歌謡曲の分野で実績を重ね、評価を高めてきた歌い手たち。出演する全員が、歌への敬意を抱きながら、歌い、語る様子は、密度が高く、大いに見応え聴き応えがある。

こうした番組を企画し、キャスティングプロデューサーを務めたのは、ミュージックソムリエ協会顧問の築波修二。番組は、長く歌謡界で活動を続けてきた彼の、歌への深い愛情と高いプロ意識によって作られた。それは例えば、全15曲中9曲がフルコーラスという稀有な構成にも表れている。

「通常、テレビの歌番組では”テレビサイズ”と言って2コーラスや1ハーフに短縮して歌われる。しかし、それは映画なら3分の2や半分にされてしまうようなもの。これはおかしいとずっと思ってきたので、今回は本来あるべきフルコーラスという形にもこだわりました」と築波。歌を大切に扱い、その魅力を十分に視聴者へ届けるため、丁寧な番組作りをする。活字にしてしまえば当然のことながら、実現されにくい基本姿勢にも彼はこだわった。

そして、その意識が出演者に届いているからこそ、弦の、杉本の、岡の歌が素晴らしい。それぞれに歌い手としての活動歴があり、豊かな個性や歌唱力の持ち主として知られる3人だけに、それは当たり前とも言えるが、自分が作った曲を、自らピアノやギターを弾きながらテレビで披露するという機会を得て、内には燃えるものがあったに違いない。番組名に「名歌復活」とあるように、石原裕次郎やちあきなみの楽曲のように、本人の歌では聴けなくなってしまった作品が、作曲者の歌声によって再び命を吹きこまれたことも、この番組の魅力だ。

収録は全曲1テイク。最初からやり直しを必要としない気構えで臨んだ、3人とゲストの女性歌手たちのプロ意識は痛快とも言える。ここでスタジオの歌い手から伝わってくる緊張感こそは、プロの一つの証であり、歌番組の醍醐味ではなかったか。いつの間にかテレビではゴールデンタイムに素人がカラオケで歌う番組も流れるようになり、プロとアマの差が不明瞭になった。「歌はみんなのもの」という考え方は間違っていないが、プロとアマの間には画然とした差がある。あって然るべきであり、それはなければならないものでもあるのだが、近年の温い歌謡界で、そうした”こだわり”に触れることは多くない。そして、その多くはない意識を敢えて注いで作られたのが、この番組だとも言えるだろう。

「長良川艶歌」「天城越え」「紅い花」とそれぞれの代表曲で始まると、間に先頃文化勲章を受章した3人にとっての作曲家としての大先輩・船村徹氏の作品を挟んで進行するが、15曲の中には例えば金田たつえの「おまえさん」のような、知る人ぞ知る歌も含まれている。これは築波のリクエストで加えられたもの。フルコーラスというサイズにも選曲にも強い”こだわり”があるのだが、こだわりはともすればわがままとも取られかねない。しかし、そうさせていないのは築波の演歌・歌謡曲ファンとしての意識の高さゆえだろう。その求めるもの、望むものが真髄を突き、多くのファンの声を代弁するものであれば、賛同は得ても批判されるはずはない。

トーク、歌ともに内容が濃く、落ち着いてじっくりと聴ける番組作り。先の築波の言葉にあったテレビサイズが、進行を早めるためのファストフード的な手段であるとすれば、この番組は懐石料理かフルコース。余韻まで楽しめるグルメも満足の構成だ。

この企画を築波は10年前から温めていたと言う。当時、実現していたとしても相応の評価を得たと思えるが、歌謡界や放送業界におけるプロ意識が曖昧になっている今、こうして放送されることで、何かに気付き啓発される人々が少なくないことを願う。築波自身、この番組にはアンチテーゼの意味もあると話す。近年はテレビ離れ、音楽離れなどの話題を見聞きすることも多いが、それが時代の流れだと割り切ってしまう前に、もう一度考えてみるべき大切なものがあることを、この番組は味わい深い歌やメロディーで知らせているような気がする。

Text by 永井 淳

【放送曲目】
長良川艶歌(岡千秋)、天城越え(弦哲也)、紅い花(杉本眞人)、今さらジロー(あさみちゆき)、北の旅人(弦)、かもめの街(杉本)、波止場しぐれ(椎名佐千子)、新宿情話(杉本)、東京は船着場(弦)、おんなの宿(岡)、おゆき(弦)、ふたり酒(島津悦子)、おまえさん(岡)、海峡の春(岡)、吾亦紅(杉本)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。