ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ウズベキスタンへの「観光ビザ」が免除に決定→撤回されることが発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ウズベキスタンへの「観光ビザ」が免除に決定→撤回されることが発表

かつてシルクロードの要塞として栄えた都市・サマルカンドや、三蔵法師が滞在したとされる遺跡がテルメズがあり、日本人の観光客も増えている「ウズベキスタン」。

今までウズベキスタンへの渡航に必要だった「観光ビザ」が、免除されることが決定しました!

※編集部追記

2016年公開の本記事で観光ビザの免除が決定したと掲載しましたが、2017年に入り免除の撤回が発表されました。よって「観光ビザ」は引き続き必要になるようです。

お詫びして訂正いたします。ご指摘していただいた読者の方に感謝申し上げます。

以下は2016年掲載時の情報になります。

 

日本を含む15カ国がビザ免除に

在日ウズベキスタン大使館は日本を含む15カ国に対し、30日以内の観光目的のビザ(査証)の免除を発表しました。免除となった国は、以下の通り。
日本、オーストラリア、オーストリア、イギリス、カナダ、デンマーク、フィンランド、ドイツ、イタリア、韓国、ルクセンブルク、オランダ、シンガポール、スペイン、スイス

 

2017年の4月から免除になるということです。

 

条件付きで免除となる国も

アメリカやフランスなどの12カ国に関しては、55歳以上に限り観光ビザを免除するとのこと。
ベルギー、中国、チェコ、フランス、ハンガリー、インドネシア、イスラエル、マレーシア、ポーランド、ポルトガル、アメリカ、ベトナム

 

入国の際には

今まで観光ビザの取得に手続きや2,500円の支払いが必要でしたが、それらが不要に。2017年4月からは、上記27カ国の観光客はウズベキスタン入国の際に、50ドルの支払いが必要になるということです。

参照記事:Uzbekistan Introduces Visa-Free Travel For 27 Countries


関連記事リンク(外部サイト)

シンガポール往復17,100円〜!中国南方航空が「バレンタインギフトセレクション」セールを開催中
ゴールデンウィークの旅行がこれで決まる!人気急上昇の国内旅行先はここだ
【公開!】絶景手帳2015が買える書店リストを公開します
往復航空券と宿泊がタダになる!カナダ・アルバータ州観光公社が3月末までキャンペーン実施中

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。