体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

100均土鍋でクリスマス向け燻製チキンにチャレンジ 燻すよ~

100均土鍋でクリスマス向け燻製チキンにチャレンジ 燻すよ~

 クリスマスにはチキンの丸焼きをして豪勢に楽しみたいという人は多いのではないでしょうか?しかし、実際に作ろうとなると材料費がそれなりにかかってしまうのが難点。さらにオーブンだって最近のものはレンジと一体型で、うまく焼けないこともしばしば。折角高いお金出して買ったのに失敗しては元も子もありません。とは言っても美味しい鶏肉が食べたい!!

 そんな人の願いを叶えるべく、丸焼きはさすがに無理ですが100均で揃えた物を利用してスモークチキンをつくってみました!

【関連:失敗しにくい「鳥はむ」レシピ考えてみた ソミュール法でつけ込み1時間】

■材料

材料

鶏もも肉:300gほど

フリーザーバッグ

<ソミュール液>
水:500ml
塩:75g
三温糖:30g
お好みのスパイス:適量

<燻製器具>
100均の土鍋の底部分:2つ

アルミホイル
カセットコンロ

ピートパウダー
桜チップ
スモークウッド

■作り方

1:水に塩、砂糖、スパイスを入れて5分ほど煮立てソミュール液をつくります。時間がたったら火を止め常温に冷まします。

ソミュール液を作る

2:鶏もも肉をまんべんなくフォークで刺します。

まんべんなくフォークで刺す

3:2をフリーザーバッグに入れて1を注ぎ入れます。空気を抜いて2日ほど冷蔵庫で寝かせます。

冷蔵庫で2日寝かす

4:3の鶏もも肉を取り出してボウルに入れ水を張り、そこに少量の水を入れるようにして1時間から2時間ほど流水に晒します。この時間が短いほど塩味が濃くなります。

塩分を流す

5:4を取り出し水分をキッチンペーパーで拭き取ったら冷蔵庫で何もかけずに6時間ほど風乾燥させます。

風乾燥

6:燻製の前に湯煎で鶏もも肉に火を通します。フリーザーバッグに入れて空気を抜き70度のお湯に入れて蓋をし30分放置。

70度のお湯で30分放置
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。