体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こりゃビックリ!吸い込んだ汚染大気をジュエリーに換えちゃう巨大電気掃除機が出現

SmogFreeProjectオランダのStudio Roosegaardeが、非常にユニークな「Smog Free Project」というプロジェクトに取り組んでいる。大気中の汚染物質のレベルを減らし、空気をキレイにしようという試みだ。

・北京内に、巨大な“空気清浄用電気掃除機”を設置

まず最初に手がけたのが、今年9月に北京市内に設置した「Smog Free Tower」。

これは同社の特許取得のイオンテクノロジーを駆使した、ほぼ風を動力として作動する装置。オゾンを使わずに1時間あたり3万立方メートルの周辺大気をクリーンにするという。その際に使う電流の量は1170ワットほど。お湯を沸かすのに必要なのと同レベル程度だ。

SmogFreeProject2装置は電流を用いて、大気中に正イオンを供給し、有害な空気浮遊粒子を引き寄せる。

装置内の負電荷が粒子内から塵を引きずり出し、後にはクリーンな空気が残される、というわけだ。

・集められた塵は、キューブ型の指輪に

スモッグは集められて圧縮され、小さなキューブに成形される。これが何とも不思議な「Smog Free Jewelry」である。限定版として、指輪以外にカフスボタンなどのファッションアイテムもあるようだ。

SmogFreeProject3以前、クラウドファンディングKickstarterで出資金を達成して、実行された今回のプロジェクト。成形後の指輪は250ユーロ(約3万500円)で本サイトから直接購入できるようだ。

同社としては、今後はグローバルな展開をおこない、スモッグフリーな未来社会に貢献していきたい意向。

Studio Roosegaarde

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。