ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

東北の魅力を発信!ヱビスバーが仙台に期間限定オープン

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

美しく輝く夜景を眺めながら、美味しい料理とビールが味わえる店が期間限定で誕生。サッポロライオンは、「2016SENDAI光のページェント」に合わせ、ヱビスビールの専門店「YEBISU BAR(ヱビスバー)」を、12月8日(木)~12月25日(日)の18日間、オープンする。

「YEBISU BAR」は、宮城の復興を応援することが目的の店で、宮城の郷土料理や名物料理、東北の食材を使った料理などを提供し、東北の魅力をアピールする。




料理は、昨年大好評だった「鶏団子入り せり鍋」(500円)をはじめ、「宮城県産 蒸しカキ」(1個300円)、「牛たん焼き」(800円)、「揚げ笹かま3種盛り」(3本500円)などを提供。


さらに、今年は、涌谷産ミヤギシロメ大豆を使用した「三角あぶら揚げ」(400円)や「蔵王クリームチーズと仙台麩」(800円)といった新メニューも。

飲み物は、「ヱビスビール」(500円)、「ヱビス プレミアムブラック」(500円)、「ヱビス ミアムミックス」(600円)、「琥珀ヱビス」(600円)、「ヱビス スタウト クリーミートップ」(600円)などの定番ヱビスシリーズのほか、今5月に発売となった“ふくよかな薫りと研ぎ澄まされたコク”が特徴のヱビスブランド新商品「ヱビス マイスター」(700円)も楽しめる。

開催場所は、 勾当台公園市民広場(仙台市青葉区)の大型テントブース、営業時間は16:00~22:00(L.O.21:30)となっている。

東北の特産物をおつまみにビールを飲んで、煌びやかな夜を楽しもう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。