ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

イスラエルの治安は?物価は?ビザは?イスラエル旅行の基本情報まとめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
イスラエルの治安は?物価は?ビザは?イスラエル旅行の基本情報まとめ

今回は中東の国、イスラエルの基本情報をお伝えします。「イスラエル」と聞いて何をイメージされるでしょうか。様々な宗教施設や死海でしょうか。一方では、国際ニュースを賑わしている国でもあります。実際にところ、安全に旅ができるのでしょうか。

この記事では、そのようなイスラエルに関する素朴な疑問に答えていきます。なお、パレスチナ自治区は含めません。

 

物価

リーマントラベラー東松さん(@ryman_traveler)が投稿した写真 – 2016 11月 3 10:33午前 PDT

イスラエルの物価は決して安くはありません。日本と同等か、少し高く感じるはずです。イスラエルを代表する大都市、テルアビブのホステルで1泊2,500円~になります。

イスラエルを訪れる際はクレジットカードは必須。資金にも十分余裕を持って訪れることをオススメします。

 

治安

治安を気にされている方は多いでしょう。まず立ち入ってはいけないエリアはパレスチナ自治区との境界付近とレバノンとの国境地帯です。

残りのエルサレムやティベリア、テルアビブなどは安全です。安心して旅行が楽しめることでしょう。それでも、イスラエルに渡航される際は、念のため外務省の海外安全情報を通じて最新情報をチェックしましょう。

 

気候・服装・旅行シーズン

Rina Mori / 森理菜さん(@rina_mori_)が投稿した写真 – 2016 11月 1 2:36午前 PDT

イスラエルの気候の特徴はとにかく乾燥すること。保湿クリームやマスクは必ず用意しておきましょう。全体的に降水量が少なく、気温は高めです。夏には気温が40度になることもしばしば。冬は気温が下がるものの、日中は汗ばみます。

日差し対策を十分に行った上で、薄着の長袖を重ね着するといいでしょう。

 

通貨

イスラエルの通貨は現地通貨、新シェケルです。2016年11月現在、レートは1新シェケル=27円となります。ただし、イスラエルでは米ドルも広く通用します。クレジットカードと米ドルをうまく使いこなすことが、イスラエル旅行のコツと言えるでしょう。

 

ビザ

イスラエルは90日以内の滞在であればビザは不要です。ここまでだと「なーんだ、イスラエル何の心配もいらないのか」と一安心するでしょう。

ちょっと待ってください。

イスラエルと敵対している国(イラク、レバノン、リビア、サウジアラビア、スーダン、シリア、イエメン、ソマリア、イラン)のスタンプやビザがパスポートにある場合は入国審査が厳しくなります。

 

さらに、イスラエルのスタンプが押されている状態で敵対している国々に行くと、入国が拒否される場合があります。現在、イスラエルから空路で出国する場合は、スタンプは押されません。

万が一、イスラエルの後にアラブ諸国を訪問する予定の方で、出国審査の際にイスラエルのスタンプを押されそうになったら「ノースタンプ」と言いましょう。

 

コンセント

イスラエルのコンセントはCタイプとHタイプになります。電圧は230ボルト、周波数は50ヘルツです。日本の機械をイスラエルで使用する際は変圧器が必要です。

 

インターネット

イスラエルでも比較的インターネットは発達しており、WiFiサービスを提供しているレストランやホテルが数多く存在します。

 

食事

TOMOO KOBAYASHIさん(@tmo76)が投稿した写真 – 2013 9月 17 8:30午前 PDT

イスラエルの料理はユダヤ教の戒律に従って作られているため、様々な規制があります。そして、イスラエルは移民によって構成されているため、様々な料理文化が楽しめることが特徴です。

その中でもオススメなのが毎週金曜日に家族揃って食べるシャバット料理。なかなか豪華でユダヤ文化を知るには持って来いです。食べ歩きツアーや「Eat with Me」を使って、シャバット料理を味わってみませんか。

 

有名観光スポット・世界遺産

aveyaveyさん(@aveyavey)が投稿した写真 – 2016 11月 2 5:03午後 PDT

イスラエルの観光スポットといえばエルサレムでしょう。エルサレムにはユダヤ教、イスラーム教、キリスト教の聖地(嘆きの壁、岩のドーム、聖墳墓教会)が集まります。人々が熱心に祈る姿を見ながら、様々なテーマを思いめぐらすのも悪くはないでしょう。

イスラエルにある自然スポットといえば「死海」ですね。「死海」はテルアビブから自動車で2時間30分走ったところにあります。テルアビブから「死海」行きのバスが出ていますが、土曜日は運休しますのでご注意ください。

 

イベント

イスラエルは宗教に基づいたイベントが多いことが特徴です。ところで、イエス=キリストの出生地はイスラエルのベツレヘムであることをご存じでしたか。

クリスマスの時期にイスラエルを訪れたら、ベツレヘムでクリスマスを迎えるのもいいでしょう。多くのキリスト教の信者が集まってきます。なお、イスラエルに住む大半の住民はユダヤ教を信仰しているため、クリスマスは祝いません。

 

最後に

イスラエルには日本の価値観では推し量れない様々な事柄に出会うはずです。いろいろと考えながらイスラエルを旅するのも、おもしろいでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

聖書の舞台「イスラエル」を理解するために、世界遺産全7カ所をまとめました
イスラエル旅行で役に立つヘブライ語フレーズ10選
【必見】日本人の99%が行かないイスラエルの4つの魅力と注意点
先入観が180度変わる国。イスラエル観光で訪れたい人気4都市の魅力まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。