ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

矢野顕子主演映画に坂本龍一、竹中直人、谷川俊太郎、今井美樹、平井堅ら各界の著名人が絶賛

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
矢野顕子主演映画に坂本龍一、竹中直人、谷川俊太郎、今井美樹、平井堅ら各界の著名人が絶賛

©映画『SUPER FOLK SONG〜ピアノが愛した女。〜』(2017デジタル・リマスター版)
来春1月6日より15日間限定で全国劇場にて公開される矢野顕子主演映画『SUPER FOLK SONG〜ピアノが愛した女。』。映画を見た今井美樹、坂本龍一、竹中直人、谷川俊太郎、平井堅ほか著名人から絶賛のコメントが届いた。

76年7月25日、アルバム「JAPANESE GIRL」でソロデビューした矢野顕子は、オリジナル・アルバムを含め数々の作品を世に放ちソロワークは勿論のこと、様々なミュージシャンとのセッションも含め、長きに渡りライブ活動を行い、今年、ソロデビュー40周年のアニバーサリー・イヤーを迎えた。今作はそれを記念して’92年に公開されたドキュメンタリー・フィルム。’92年の公開当時、約2万人を動員し、それまでのレイトショー記録を塗り替えて大ヒットした。約四半世紀の時を経て、待望の復活上映となる。

1月の上映に先駆け、今井美樹(歌手)、大江千里(ジャズピアニスト)、坂本龍一(音楽家)、sasakure.UK(アーティスト/音楽プロデューサー)、砂原良徳(ミュージシャン)、DJみそしるとMCごはん(くいしんぼうヒップホップ ラッパー)、竹中直人(俳優・映画監督)、東京スカパラダイスオーケストラ沖祐市(Keyboards)、谷川俊太郎、平井堅(歌手)、平野勝之(映画監督)、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz、cafelon)(50音順)より映画のコメントが沢山届いている。

全ての方のコメントは、映画『SUPER FOLK SONG 〜ピアノが愛した女。〜』公式サイトにて閲覧できる。また、コメントが掲載されたチラシも年内に配布を予定している。

坂本龍一(音楽家)コメント
ひとりのアーティストのピアノ録音を、
ここまで丁寧に追ったドキュメントというのは少ない。
貴重な記録だ。

谷川俊太郎コメント
矢野さんの歌が、その表情が、そのピアノが人間には体と心だけではなく、
魂というものがあるということを繰り返し思い出させる。
それは40年前も今も変わらない。
*クラシックの世界における、ブルーノ・モンサンジョンのフィルムに匹敵する名作ですね。
坂西監督の死が惜しまれます。

竹中直人(俳優・映画監督)コメント
一曲、一曲ごとに魅せる矢野顕子さんの表情をカメラがとても丁寧に捉えていて素晴らしかった。
中でも《中央線》を歌うあの声に背筋が震えた。
そしてラスト《PRAYER》矢野さんの佇まいがまるで〈女神のような母〉に見えた。
「矢野さん、かっぽう着を着て縁側に座り ゆっくりと空を見上げて下さい…」なんて演出したくなっちまった。

平井堅(歌手)コメント
一つの声帯と10本の指が、まるで踊ってるみたい。
到底一緒には踊れないから、只々その跳躍の、息吹の目撃者でありたいのです。

砂原良徳(ミュージシャン)コメント
SUPER FOLK SONG というアルバムには音もジャケットも非常に生々しい印象を持っていました。
この映画は、その生々しさが更に強調される素晴らしい記録作品だと思います。

今井美樹(歌手)コメント
あれから24年もたったなんて。
エンドロールが流れ始めた途端、ボロボロこぼれた涙が熱かった事を今も忘れない。
そしてまたあの奇跡の瞬間と再会できるとは。
挑む矢野さんの姿があの頃よりぐさりと胸に刺さる。
今日の涙は、あの時とは違う味がした。

渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz、cafelon)コメント
これはプロセスなんだということを忘れてしまうくらい、自分と向き合って音楽そのものへとなっていく矢野顕子さんの姿に、あらためて強く心を動かされました。息をするのを忘れるほどのミラクルの連続。

大江千里(ジャズピアニスト)コメント
しいいいんと静まりかえったステージにぽつんとおかれたピアノの前で何度も何度も歌う矢野さん。それを子犬のような素直な目でじっと見つめるカメラ。Γあっだめ。」「おおお、まい、ごっどねえす。」「で・き・る・の・はああ、わかってるんだけどぉ、技術がおいつかない。」「集中力がな〜い。」アッアッコちゃん。おもわずこっちは歌ってる矢野さんに自分を重ね、前のめりになる。「ああん、譜面が全部うどんに見えてしまう。」「なんでできないんだろう。」そして何度も何度も何度も歌ったのちに訪れる「おお、あい、がり」このときはじめて画面にゆっくり空気が流れ始める。「そっちで聴きまぁす。」プレイバックを両手耳にあて聴き入る矢野さんがぽつり言う「これOK。」には感動もんの重みがありました。ありがたいそしてなんといつてもパンキッシュで愛らしい天才少女のままの矢野さんにホッとした。映画は、情熱と根気の賜だなぁとつくづく実感。いい作品ができて本当におめでとう。

東京スカパラダイスオーケストラ沖祐市(Keyboards)コメント
自分が音楽そのものになれればいいと常々思っている。
というか、そういう経験があるからミュージシャンになった。
しかしその瞬間を記録するのは難しい。
特にその音楽がその人でなければ絶対に奏でることのできないものであるならなおさらだ。
何故なら、そういった音楽は、それがこの世に出現することそのものが事件だからだ。
起こるはずのものが起こらなかったり、起こるはずのないものが起こったりする。事件とはそういうものだ。
録音する方は、その事件が起こるのを信じ、演奏者は自分を信じて演奏する。
パパラッチよろしく無理やり事件をでっち上げるのでなければ、その場を抑えるのは至難の技だ。
忍耐と愛情が必要で、お産を待つ男と同じく、万全を尽くし、励まし、祈るしかないのではないかと思う。
矢野顕子さんが、この世になかったものを出現させる、その過程を記録したドキュメンタリー。
自分を信じ、自分で作り上げる。
I made it.
その迫力に圧倒され、共鳴し、勇気をいただいた。
ありがとうございます!

平野勝之(映画監督)コメント
矢野顕子さんの音の世界、言葉の世界は、簡潔さが一番の魅力だと僕は思っています。この映画は、モノクロームである事がまず正解だと思いました。そして、造りも撮り方も、極めて簡潔であろうとする強靭な意志で貫かれています。色も無く、説明も無く、編集ギミックも無く、ほとんどが矢野さんの顔のアップだけで成立しているこの映画は「簡潔である事の豊かさ」を、無言のまま語りかけてきます。それはつまり、そのまま矢野顕子さんなんだ、と思いました。つまり、矢野顕子さんを描いた映画ではなく、この映画そのものが矢野顕子さんなんだ、と思いました。

DJみそしるとMCごはん(くいしんぼうヒップホップ ラッパー)コメント
矢野さんの音楽の大冒険を目の当たりにして、少し情けないけどしがみついていくので精一杯でした。
私が知っていたおいしそうな笑顔と、いい匂いがする音楽の裏側には、果てしなく地道で緻密な世界が広がっていたから。
奇跡が積み重ねられていく瞬間を収めた映像は私に音楽を作る自由と責任を教えてくれました。

sasakure.UKさん(アーティスト/音楽プロデューサー)コメント
このテイクはこうして録られたのか!と、思わず胸が熱くなりました。矢野さんの緊張感が伝わります。
1つ1つの音を突き詰めてゆく姿勢は、まさにSUPERなFOLK SONGの在り方なのかもしれませんね!

リリース情報
映画『SUPER FOLK SONG〜ピアノが愛した女。〜』2017デジタル・リマスター版公開記念
東京・大阪・名古屋限定、先行プレミア上映
矢野顕子、25年ぶりの舞台挨拶決定
2016年12月13日(火)愛知・センチュリーシネマ 19:30〜
2016年12月15日(木)大阪・梅田ブルク7 19:30〜
2016年12月22日(木)東京・新宿バルト9 19:30〜
©映画『SUPER FOLK SONG〜ピアノが愛した女。〜』[2017デジタル・リマスター版]

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。